十津川村にバスで行ってきました【関西で最も美しい秘境】

毎日忙しく働いていると、たまに都会の喧騒から離れたゆっくりしたところに行きたいと思うことってありませんか。仕事のことを全部忘れてゆっくりできるような場所に。そんな人におすすめなのが、奈良県の秘境、十津川村です。数ある関西の街を訪れた私たちにとって、十津川村は間違いなくトップレベルの美しさを誇り、都会とは無縁なゆっくりとした場所です。自然にあふれ、素晴らしい温泉もあるようなところです。

十津川村ってどんなところ?

十津川村は日本で最も大きい村です。奈良県の地図を見れば、南にどでかい村があるのがわかると思いますが、それが十津川村。奈良県の5分の1の大きさを占めます。面積は672.4平方キロメートルで、これは琵琶湖と同じぐらいの大きさで、東京23区より少し大きいくらいです。しかし、その96%は山で、人口はたった3000人。周りは1000m級の高い山々に囲まれています。

どこを見ても、山。そこをきれいな川が流れます。
野猿
野猿。十津川式の川の渡り方です。
十津川温泉(村の中心部)からの眺め。

十津川村は時には自然災害で大変な影響を受けてきました。1889年には大水害で村は甚大な被害を受け、当時の政府の方針で村の人々の多くが北海道へ引っ越し、新十津川村を開きました。また。最近の水害では山崩れが多くの場所で起こり、土砂が河に流失。緑のきれいな清流が、場所によっては流出した土砂で濁ってしまっています。

左が濁る河。右がエメラルドグリーンのもともとの色。

十津川村はただの田舎民なのかというと、決してそうではないんです。壬申の乱で、大海人皇子側(のちの天武天皇)を加勢したり、幕末では『十津川郷士』と呼ばれ、薩長土佐などといった雄藩と共に御所を警備したりもしていました。

方言も関西圏にありながら東京アクセントになっており、関西でも独自の精神を作り上げてきたところでもあります。

十津川村にバスで行く

十津川村に来る人の大半は車で来ます。その方が便利だからです。しかし、十津川村に公共交通機関で行く方法が1つだけあります。それが『バス』です。

行き方は近鉄の大和八木駅から新宮行のバスに乗り、4時間程。このバスは途中、近鉄御所や五条駅(五条バスセンター)も経由するのでそこから乗ってもいいのかもしれませんね。五条から乗れば、3時間で十津川温泉に到着します。ちなみに、大和八木からだと約120こ目(!!!)のバス停です。五条からは深い紀伊半島の山の中をひたすら走ります。

Nara kotsu bound for Totsukawa village
バスは日本で最も長い距離を走ると言われる路線バスです。大和八木からだと3400円です。

なお、バスは座席指定制や予約制ではなく、普通の路線バスのような感じ。ただ、長期間乗るための奈良交通の配慮でしょうか、席はすこしゆったりしていますが、高速バスようなゆったり感じではありません。

いずれにせよ、一日数便程度なので、しっかり時刻表を見てから行くことをお勧めします。

大和八木から十津川村までの所要時間
大和八木からの所要時間
 

十津川村の魅力

十津川村の観光地や楽しむべきポイントは多くあります。ただし、村内のバスは一日数本程度でかなり移動しにくいです。そこが残念なところなので、あらかじめしっかりと予定を立てていくことをお勧めします。もちろん村内にコンビニなどもありませんが、十津川温泉バス停付近に売店が1つだけありました。

なお、参考までに私たちが行ったときのプランですが、1日目に大和八木からバスに乗り、熊野本宮まで向かい、夕方の村営バスで十津川温泉まで引き返して宿泊。2日目の昼にバスで帰りました。

十津川村の魅力その1: 十津川温泉

十津川村といえば、温泉です。江戸時代から始まる温泉地であり、温泉地としての歴史はそれほど古くはありませんが、その湯量が豊富なことから、薄めたりせずそのまま使用しており、温泉としての質は非常にいいです。

止まったところの温泉。貸し切りでもう最高でした!!
温泉の水を飲むと健康にいいとか。

十津川村には大きく分けて3つの温泉地があります。湯泉地温泉、上湯温泉、十津川温泉です。十津川温泉が村の中心部にあり、私たちが泊まったのも十津川温泉。その他の温泉地はバスで行くには少しアクセスが悪かったです。

十津川村の魅力その2: 熊野本宮大社

熊野本宮大社は熊野那智大社、熊野速玉大社とともに熊野三山を形成する山です。

熊野本宮大社は和歌山県にあるのですが、十津川村からは熊野古道の小辺路でおよそ20キロ程度離れたところにあり、歩いて熊野に向かう人もいます。

十津川村の熊野古道・小辺路

また1日2本のみですが、十津川温泉から村営バスが熊野本宮大社まで運転されており、アクセスは可能です。

Totsukawa Village bus
十津川村営バス。かなり小さいバスです。
熊野本宮大社

十津川村の魅力その3: ローカルな食べ物

十津川村は山々に囲まれていることから、平地が圧倒的に少なく、米などがあまりとれないようです。そういった理由からか、かなり独特な食生活があります。特に地元の川魚であるアマゴやアユをつかったものやイノシシを使ったボタン鍋は十津川村では有名です。

ぼたん!!
あまご。アマゴ釣りは十津川村ではかなり有名です。

さらに、ゆうべしと呼ばれるおもしろい食べ物もあります。これはゆずの中にゴマやみそなどいろいろなものを詰めた保存食で、なかなか独特な味がしますが、お酒によく合っておいしいです。

ゆうべし

十津川村の魅力その4: 谷瀬の吊り橋

十津川村の北部、谷瀬・上野地の場所にあるのが、谷瀬の吊り橋です。高さは54m長さは297mもあります。最近になって観光用にこういった大きな吊り橋をつくるところは多いのですが、十津川はあくまでも生活用に作ったものであり、村人がお金を出し合って作ったものだそうです。

entrance of the Tanize Suspension Bridge

実際にわたってみるとかなり高く、なにより山間部にあるので、風でかなり揺れます。高所恐怖症なら立ちすくんでしまうでしょう。なお、大和八木からのバスに乗ると、ここで20分の休憩をとるので、実際に歩いて渡ることができます。