味噌カツを食べる!【矢場とん】

名古屋めしと言えばいろんなものがあるのですが、中でも代表格なのが味噌カツですよね。そして、その味噌カツの名店として知られるのが『矢場とん』です。

矢場とん

矢場とんといえば、1947年創業で味噌カツの代表ともいえるお店ですね!!本店は名古屋の矢場町(大須)にあるのですが、名古屋駅の地下街エスカやそれ以外にも様々なところにあります。

実は大阪にもあべのハルカスなどや阪急三番街にもあったりするんですよね。大阪ではあんまり有名ではないですけどね。

矢場町本店にいるマスコットのぶーちゃん。

最近では名古屋駅前にテイクアウトのお店もできました。

本当は矢場とんのレストランで座って食べたかったのですが、どこのお店も結構並んでいるので、名古屋駅でテイクアウトして食べることにしました。

人気のわらじとんかつ弁当でも1620円なので、レストランで食べるのと値段はそんなに変わらない感じですね。ただ、弁当にしてはなかなか強気な値段です。

かなりの大きさです。

さて、開けてみるとおおきなわらじとんかつと大盛のごはんが入っています。わらじとんかつはロースのとんかつなのですが、入りきらないので2段になっていますね。

そして、お弁当の中にはみそだれとソースの両方が入っています。レストランで頼むとソースだけ、味噌だれだけ、そしてハーフ&ハーフの3パターンが選ぶことができるんですよね。今回はせっかく味噌カツを、味噌だれだけでいってみます。

味噌も結構入っているので、全部かけるととんかつが味噌に完全にコーティングされてしまう感じです。

これはおいしそう。かなりおいしそう。
みそだれかとんかつソースか選べる感じですね。

そして、肝心の味ですが、素晴らしいですね。期待を全く裏切らないどころか、期待の上を行く感じ。味噌がかかっていることで、おいしさが何倍にもなっている気がします。

味噌は愛知県の特産ともいえる豆味噌をベースにしたもの。味噌にもいろんな種類があるんですよね。どちらかといえば、ソースのような感じで、甘いのがとんかつととてもよく合います。何杯でもごはんが進んでしまいそうです。もちろん、とんかつそのものがけっこうおいしいというのもあるのかも。

とんかつも食べたのが少し夜が遅かったのですが、それでもサクサク。関西ではあまりとんかつの名店をきかないので(関西は牛肉文化だからでしょうか?)、久しぶりにおいしいとんかつをたべたという気がします。

名古屋に来たらほとんどの洋食店が味噌カツを扱っています。そして、それぞれのお店で味噌ダレの味が若干違うようです。矢場とん以外にも、あまり知られていないお気に入りの味噌カツを探してみるのもいいのかもしれませんね!!

ちなみに、てっきり味噌カツは名古屋の発祥だと思っていたのですが、三重県由来らしい(諸説あります)… まぁおいしかったからいいや!!