熊野古道・紀伊路を歩く Final: 切目~紀伊田辺

大阪から紀伊田辺まで続く熊野古道・紀伊路。長かったこの紀伊路も大阪から150キロほど歩いて、今回がとうとう最後となりました。今回もまた海沿いのとてもきれいな道が続きます。途中砂浜歩きもあり、なかなかユニークで、和歌山を堪能できる素敵な古道です。

※紀伊路の全行程の記録や他の熊野古道の記事はこちら

熊野古道・紀伊路を歩く Final: 切目~ 紀伊田辺

切目から千里の浜

和歌山から紀勢本線の電車に揺られて約1時間半。切目の駅に到着します。かなり小さな駅で、周りにコンビニもないので、食料などはどこか他の場所で買うことをお勧めします。切目駅からは小高い丘を登り、頂上に中山王子があります。

熊野古道・紀伊路の中山王子
中山王子神社。ここでドーベルマンみたいな野犬(?)がいました…
雑木林みたいなところを下っていきます。

そして駅から歩いて1時間ほどで海に出てきます。今日はここからほぼずっと海。すごくきれいな海です。途中、国道42号線も歩いて岩代駅の方へと向かいます。

林を出ると海。本当に綺麗な海です。
国道42号線から。左には紀勢線の線路が見えます。電車が来てくれたらなぁ…

岩代駅付近で踏切を超えると、目の前は大きな砂浜でとてもきれいです。そして、この砂浜の上に岩城王子があります。台風が来たら、高潮で沈んでしまいそうな感じです。

熊野古道・紀伊路の岩代王子
岩代王子。周りの木を見てみると南紀っぽさが出てきています。
今日はビーチが多め。今日はもうここで泳いで帰りたいような気分です。

岩代駅を過ぎると一度海を離れて梅林の中を通ります。この辺りはみなべ町で、江戸時代の初めから梅の生産が盛んなところです。というのも、日本の梅の6割が和歌山県のもの、さらにその和歌山県の中でも南部は梅の生産が多いところです。関西では梅といえば南部、そして何より南部は南高梅の発祥地でもあります。

全部梅!!左に見えるビニールハウスの裏の道から未舗装の道へと入ります。
梅。まだ小さいですね。
まっすぐ行き、線路をくぐると海に出てきます。

千里の浜

千里海岸に出てきました。ここもきれいな海で、1.3kmの海岸が続きます。伊勢物語や大鏡はじめ、様々な文学作品に登場する景勝地です。紀伊路はこの千里海岸を歩いて、千里王子へと向かいます。砂浜を歩くのはなんともユニークですね。熊野古道すべてを見ても、砂浜を歩くのはこの部分だけ。なんとも風光明媚です。

千里の浜。ずーっと砂浜が続く感じ。
この辺りは泳ぐには少し岩っぽいかな?

この海岸にあるのが千里王子。ここは石碑ではなく、千里王子神社になっているのですが、神社自体は古くからあるものではなく、熊野詣がすでに廃れた18世紀建てられたもののようです。王子自体は移設されており、建物だけが残っています。

熊野古道・紀伊路の千里王子
千里王子神社

千里の浜から南部へ

千里王子からは千里梅園の中を歩いていきます。梅の季節には本当にきれいなんでしょうね。南部にはところどころ梅園もあるので、梅のシーズンにはぜひ来てみたいところですが、大阪から特急で2時間もかかるからなぁ… 

電車と梅の写真を撮れたらなぁ… 電車がなかなか来ないんですよね。
本当に梅しかありません。

梅園を通って、丘の頂上まで来ると、南部峠。今ではほとんどの人が国道を通るので、交通量はほとんどないのですが、明治時代に国道ができるまではこの峠を行くのが普通でした。この南部峠を下ると、南部町の中心部。紀伊田辺ももうすぐです。

南部の町並み。

南部

峠を降りてくると、梅干館がありました。さすが梅の町。梅干しの工場見学から、様々な種類の梅干しを扱うお土産屋まである梅干のデパートのようなところです。

そこからすぐ近くの南部川を越えると、南部の中心部です。今では特急もとまる和歌山でも中規模の町で、駅の周辺には若干市街地のようなものがあり、南部海岸沿いにはコンビニもあります。紀伊田辺も近いので、徐々に都会になってきている感じでしょうか。

梅干館。
南部駅。特急も止まる駅です。特急で大阪市内から2時間程度です。

南部の中心部には三鍋王子があります。さらに、この三鍋王子から紀伊路を歩いて15分ほど行くと鹿島神社があり、南部王子の本殿が移築されています。18世紀に建てられたもので、王子神社の建築としてはかなり古いもののようです。

熊野古道・紀伊路の三鍋王子
三鍋王子
鹿島神社 
鹿島神社。この本殿が三鍋王子社の本殿でした。

紀伊路の終点、紀伊田辺

南部から紀伊田辺までは1時間半ぐらいって感じです。途中、坂も特になく、国道からは1本入った道を行くので、車もそれほど通らず歩きやすい道です。

もう本当に海がきれいです。

途中、清姫の袖摺岩と呼ばれる場所があります。この清姫とはもちろん、安珍・清姫の清姫です。袖摺の名前からもわかる通り、袖を摺ったところなんでしょうね。

この袖摺岩には降りることができたので、降りてみるともの魚はもちろん、珍しい海洋生物が多く見つけられました。なかなか楽しいスポットです。2人で生き物を見つけていると気づいたら1時間以上経っていました… 

袖摺岩
袖摺岩。行ったときはちょうど干潮だったようです。
うにじゃあないか!!しかもかなりいっぱいいます!!
うみうし? 日本語は『うし』ですが、英語ではsea hare。hareは『うさぎ』です

この袖摺岩から集落を抜けて行くと、芳養王子です。大神社内にあります。ここまで来ると田辺市。交通量も増えてきました。本当にゴールです。なんか長距離の街道を歩くと、ゴールが近づくたびにどんどん寂しい気持ちになります。

大神社。
塩垢浜跡。田辺からは山の中に入っていくので、ここで海水で清めました。
紀伊田辺の市街地に来ました。

さて、とうとう来てしまいました。紀伊路の最後となる王子が出立王子。熊野への出立ということで、この名前だそうです。ここまで海沿いの紀伊路を来ましたが、ここから中辺路となり、山の方へと向かいます。また、さらに海沿いに白浜、串本、勝浦へ下っていく大辺路もこの紀伊田辺から分岐します。

熊野古道・紀伊路の出立王子
出立王子。紀伊路最後の王子です。
熊野の方はかなり山が深そうです。
ということで紀伊田辺駅。南紀への玄関となる駅です。

さて、ということで大阪から出て150km超で紀伊田辺に到着です。紀伊路も初めから終わりまで無事に歩くことができました!!

歩き始めた当初は、紀伊路は中辺路のような山道もなく、世界遺産にもなっていないので、正直なところあまり期待していなかったのですが、全く知らなかった歴史や自然があふれていて、想像をはるかに超えて楽しかったです。熊野古道を歩きたいと思っていて時間もたくさんあるなら、是非、中世の熊野詣のように大阪・八軒屋からはるばる歩いてみませんか。