笠置寺【磨崖仏】

笠置といえばキャンプですが、実は笠置寺も外せないスポット。境内には巨石があり、修行場として古くから栄えただけでなく、さらに後醍醐天皇が京都から逃げ出して仮の御殿を築くなど、その歴史はとても深いお寺なんですよね。

笠置寺

笠置寺は古くから磐座信仰の聖地となっていたと思われていますが、寺としては1300年前に東大寺の僧らによって、おおきな岩に仏が刻まれたことに始まります。この寺は巨石に囲まれており、僧らの修行地として大いに栄えました。

笠置寺の最寄り駅はJR笠置駅。笠置は京都府ですが、京都市内からかなり遠く、奈良市内からだと30分程度で来ることができます。

笠置駅からは笠置山を上ります。笠置山はわずか289mの小さな山ですが、登るのはなかなか大変。歩くと45分ほどかかります。

ここから上がります!このまま車道を行ってもいいし、途中山道に逸れることもできます。
笠置寺への山道
結構な山道です。
小さな門をくぐっていきます。

笠置寺は京都から逃亡した後醍醐天皇が仮宮とするなど、とても歴史のある寺なんですが、ほかの寺と違って大きな塔や金堂などはなく、あるのは全長800mの巨石に囲まれた修行場。結構大きな岩があり、しっかりとした運動靴じゃないと厳しいです。

修行場へ

修行場に入ってすぐに見えてくるのが岩に彫られた16mの大きさの磨崖仏。大きいですね!!弥勒仏です。実はこの巨大な弥勒仏こそ、この笠置寺の本尊です。

伝承によると、1300年前、大友皇子がこの地で鹿狩りをしていた際に岩から落ちそうになり、もし助かることができたら、岩に立派な弥勒菩薩を刻もうと祈りました。そして、無事に助かったので、笠を置いて去り、後日ここにきて刻もうとすると、その大きさに困ってしまいました。するとそこに天人が舞い降りてきて、この仏を彫ったと伝わります。

拝殿の正月堂が右。奥に見える巨岩がご本尊です。

実物を見てみるとあっとうされますね。本当に大きいです。どうやって彫ったんでしょうね。

後醍醐天皇がつかまった際、寺はすべて焼け本尊もかすれてしまったようで、本当はもっとはっきりとしたものだったようです。

十三重の塔。元弘の乱の死者を供養するために作られたものです。
虚空蔵摩崖仏。これは火災で燃えなかったようです。くっきり残っていますね!!

本尊のすぐそばの岩には千手窟と呼ばれる小さなお寺があります。千手窟は東大寺と実は大きな関係があり、東大寺の開基である良弁はこの千手窟から弥勒菩薩の世界へと入っていき、そこで行われた行法を人間界に伝えたのが『お水取り』だと言われています。

現在ではお水取りは東大寺の二月堂で行われる最も大きな祭りの1つの起源になっています。お水取りは1200年間途絶えたことないお祭りです。

さて、修行場はまだまだ続きます。山頂付近からの眺めはとてもきれいですよ。下の木津川もよく見えます。

大和高原と木津川
大和高原と木津川。きれいですね。
奇襲にそなえ運ばれた岩。落とすためだったようです。

笠置山の頂上にそびえるのは、後醍醐天皇の行在所。1331年、後醍醐天皇は京都で2回目の討幕計画がばれると、三種の神器を持ち出してこの笠置寺に逃げ、ここを御所と定めました。しかし、ほどなくして捕まり、隠岐の島へと流されてしまいました。

しかし後醍醐天皇はどうして笠置を選んだんでしょうね。

笠置もみじ公園

笠置寺は、春は桜、そして秋は紅葉がとてもきれいです。
境内にはもみじの公園があり、もみじが本当にきれいな場所として知られています。笠置寺までは大半の人が車で来ますが、駐車場が小さいことからそもそも来る人が少なく、ゆっくりと紅葉を楽しめるスポットです。

もみじ公園は夜になるとライトアップもしています。駐車場が小さいのと、夜に山を歩いて登っていく人が皆無なので、ピークシーズンでもあまり人がいません。なので、かなりリラックスできますよ!!