東山コース (2)【京都一周トレイル】

京都一周トレイルは稲荷神社から上桂駅までを結ぶ長距離トレイルです。その東山コースの部分である24.6kmの後半は大文字を登り、そして銀閣寺からは比叡山に登ります。がっつり登山なので食べ物やのみものはしっかり用意していきたいですね!結構大変なコースですが、頑張っていきましょう!!

京都一周トレイル: 東山コース (2)

東山コース: 蹴上駅 – 大文字山

前回の蹴上からの続きです。蹴上駅からは南禅寺の方へと向かいますが、南禅寺の直前で、右折し蹴上インクラインを上がっていきます。南禅寺はかなり大きなお寺なので寄るのはすこし厳しいかもですが、あの有名な山門だけでも見ていきたいですね。秋の南禅寺はモミジがとてもきれいです。

秋の南禅寺
秋の南禅寺。山門の辺りは拝観料がいらないエリアです。

トレイルはインクラインに沿ってあがていきます。大津から京都まで船が琵琶湖疎水を通っていたのですが、ここだけ傾斜がきついので、船を台車で運んでいました。その台車の線路跡です。春には桜が本当にきれいです。

インクラインの桜
こんな感じでボートを運んでいました。

インクラインを一番上まで来ると橋を渡り、日向大神宮を通り抜けます。ここは京都の伊勢ともよばれる神社で、伊勢神宮のように神明造りの社殿が建っており、内宮と外宮があります。なんかここに来ると伊勢に行きたい気分になります。

東山コースの日向大神宮
日向大神宮: 神明造りの屋根。

東山コース: 大文字山 – 銀閣寺

日向大神宮を過ぎると、気づかないうちに大文字山登山となります。そしていつの間にか、一気に歩いている人が増えます。最近、大文字山はとても人気ですね!京都では愛宕山と並んでとても人気な山です。意外と高くて、466mもあります。最初は登りがきつくてかなり登りにくいのですが、ある程度行くと傾斜がきつくなくなり、歩きやすくなります。この歩きやすさが人気の秘訣なんでしょう。大文字山は遭難する人も多いと言いますが、少なくとも京都一周トレイルはとてもわかりやすいです。

大文字山へ。根が邪魔でこけやすいです。
大文字山から京都を見る。
東山コースの大文字山
大文字山を登ります。

トレイルはもう少しで頂上というところで下に降りて行ってしまいます。頂上に行くには少しトレイルを逸れなければいけませんが、南禅寺で時間を使いすぎたので、今回はいけませんでした・・・。こうならないようにしっかり計画を組んで、早めにスタートしておきたいですね・・・。ちなみに頂上から、五山送り火の大文字を経由し銀閣寺へと抜けることができ、大文字山に登っている大半の人がこのルートで降ります。

大文字山からの下山道。あまり人気のない道ですが、美しい登山道です。

さて、降りると椿で有名な霊鑑寺があり、さらにそこから法然院の前や哲学の道を通って、銀閣寺の方へと向かいます。銀閣寺に寄り道するのもありですね!!なんて言ってたら、時間が無くなってしまいそうですが・・・。

哲学の道。桜の名所です。

東山コース: 銀閣寺 – ケーブル比叡駅

銀閣寺を出るとそのままバプティスト病院の方へと向かいます。バプテストというとあまり日本人にはなじみがないかもしれませんが、アメリカ南部では最も大きいキリスト教の宗派の1つです。銀閣寺からバプティスト病院までは住宅地で、ルートがすこしややこしいです。トレイルを歩いてもいいですが、携帯で地図を検索し、行きやすい行き方で行ってしまってもいいのかも。

バプティスト病院の駐車場から抜けていきます。ここを左に。

さて、ここからは本格的な登山で、700mの比叡山を一気に上がっていきます。車道も近くにないので、なかなか静かな登山で、歩いている人はほとんどいませんでした。登りが結構きついので、がんばって乗り切りたいですね!!ちなみに、比叡山から京都市内へと降りる叡山ケーブルは冬季は運休中、最終便も早いです。なので、時間に注意しなければいけません。

まず登るのは瓜生山です。地図を見ると道が複雑そうに見えますが、標識が多いのでわかりやすいです。なお、この銀閣寺周辺の山は火山活動により形成された山なので花崗岩が多く、その花崗岩からできた砂は白川砂として、京都の庭園でよく使われています。砂なので、滑りやすい箇所があるので注意です。

東山コースの比叡山への道
比叡山へ。砂っぽい岩が目立ちます。
銀閣寺の庭園も白川砂が使われています。
瓜生山の山頂付近には不動明王の使者である三十六童子が。これは瓜生山付近に狸谷不動院があるからです。
瓜生山は310mの山です。
東山コースが雲母坂が合流
東山コースはこの辺りで雲母坂の比叡山登山道と合流します。雲母坂からのコースは比叡山への登山道として長く歩かれてきた道です。
もうだいぶ上まで来ました。この辺りが比叡山への結界になっています。

銀閣寺から歩いて2時間ほどで、比叡山の電波塔のあたりまで来ました。もうケーブル比叡の駅はすぐそこって感じです。残念ながら曇りなのでよく見えませんでしたが、晴れた日にはここから大阪まで見渡すことができるようです。ここが頂上かと思ったのですが、違うようですね。頂上はケーブルの比叡山頂から歩いて東塔に向かう道にあります。残念ながらトレイルはそこを通過しません。

東山コースの比叡山の展望台
電波塔のある展望スポットから。
やどり地蔵。子授けの地蔵とありますが、どうしてこんな山奥にあるんでしょう??

そして、到着しました!!東山トレイルの最後の標識、74番です。ちょうどケーブルの駅前にあります。このケーブルの駅前から北山トレイルが始まります。なお、冬季はこのケーブルは動いておらず、ここから2kmほど離れた坂本ケーブルの駅まで歩き、大津市方面へと降りなければいけません。ケーブルは最終の時間も早いので、時間には気を付けてください。

東山コースの終点
ケーブル比叡駅

さて、次は北山東部コースを歩いて、鞍馬を目指します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。