長谷寺【奈良の花の御寺】

関西を代表するお寺の1つである長谷寺。昔は伊勢参りの人のための初瀬街道が寺の前を通り、多くの人が参拝に訪れました。そんな長谷寺は現代になっても人気は衰えず、奈良で最も有名なお寺の1つです。

長谷寺

長谷寺は近鉄の長谷寺駅から歩いて20分ほど。駅からは大きな坂を下って降りる感じなので、足腰が悪い人には少し大変かもしれません。ただ、途中に長谷寺の門前町が広がっているので、なかなか歩いていても楽しいです。

長谷寺の始まりは686年。道明という僧によって創建されました。のちに、西国三十三観音の開基と言われる徳道が十一面観世音菩薩立像を安置しました。数多くの文学作品にも登場する関西を代表するお寺の1つで、西国三十三所8番の札所です。

長谷寺
つつじがキレイですね。
大きな門です。

入ると長い階段(登廊)が続いていますが、傾斜は緩やかなので歩きやすいです。牡丹のきれいな時に来ると、階段の周りには牡丹が多く植えられ、見とれているうちにあっという間に到着してしまいます。

どんどん上がっていきます。
牡丹。きれいだなぁ
牡丹がいっぱい咲いてます。
これは小手毬。

本堂へ

さて、399段の長い階段を上がってくると本堂です。花のきれいな季節に来ると、花を見ながら上がってくることができたので、全然疲れませんでした。不思議ですね!!

現在の本堂は1650年のもので、かなり大きなものです。国宝に指定されています。

長谷寺の本堂
長谷寺の本堂

本堂の中に入ると驚きがありました。まず、西国三十三観音のお寺で本尊が公開されているのはかなり珍しいです。

そして本尊は室町時代の木造の十一面観世音菩薩立像。そして、その大きさもまた驚きです。なんと10m!!木製のの仏像では日本で一番多きものです。観音菩薩でありながら、右手に本来は地蔵菩薩が持つ錫杖を持っていました。

本堂の前は清水の舞台のように懸造になっていて、長谷寺の周りの山々が一望できます。

これは秋に来た時。秋は紅葉がとってもきれいです。

長谷寺は本当に大きなお寺ですね。ただ、春の花がきれいな季節に来ると牡丹以外にも境内にはいろんな花が咲いているので、堂宇を見学しながら、花も楽しむことができました。

元長谷寺
五重塔。こ

奥の院

五重塔からさらに奥の方に行くと奥の院があります。そこで見たのが興教大師祖師堂。興教大師とは高野山出身で根来寺を作ったあの覚鑁のことです。しかし、なぜこんなところに覚鑁が??と思っていると、実は意外なつながりがありました。

興教大師祖師堂

実は1588年に豊臣秀長によって専誉という僧が根来寺から長谷寺に招かれ、根来寺が秀吉によって焼き討ちされた後に多くの根来寺の僧が専誉を頼って長谷寺に来たのだそうです。

智積院といい、根来寺も覚鑁もすごいですね。

error: Content is protected !!