長命寺【西国三十三所31番札所】

近江八幡は、八幡堀や八幡城などがある滋賀県でも有名な観光地の1つです。そして、実はこの近江八幡にも西国33箇所のお寺があります。それが、西国33箇所のうちの31番目の札所である長命寺です。

長命寺

長命寺は近江八幡の駅から長命寺行のバスで30分ほど。本数も1時間に2本ほどありますが、途中にスイーツで有名なLa Corinaや八幡堀、ほかにも大きな高校もあるので結構混んでいたのですが、長命寺に着くまでにはみんな降りてしまいました。バスで行くとかなりの階段を上ることになるので、車で行く人が大半なんでしょうね。ちなみに車で行くと、門の近くまで行くことができます。

長命寺は長命寺山の山麓、標高250m程度の場所にあります。長命寺のバス停を降りると、本堂までは800段の階段を上らなければいけません。800段と聞くと驚くかもしれませんが、思ったより長くなく、20分ほどで登れてしまいます。少なくとも西国33箇所の観音寺や施福寺よりは楽です。

長命寺の入り口
ここから登ります。
不思議な鳥居ですね。まだまだ続きます。
もうすぐです。
トカゲが多いです。信心のあるトカゲだなぁ!!

長命寺の歴史はかなり古く、3-4世紀に竹内宿祢がこの地で「寿命長遠 所願成就」と柳の木に彫り祈願し、三百歳まで生きたといわれています。後に聖徳太子がこの地にやってきて、この竹ノ内宿祢が刻んだ文字を発見。そこに翁が現れ、その掘られた木で仏像を彫り、この場所に安置するよう伝えたました。この長命寺(長い命の寺)という名も、竹内宿祢が長命を祈願したことからつけられています。

境内に入ると大きな塔が迎えてくれます。境内はそれほど大きいものではなく、人もまばらですがなんとも落ち着いた雰囲気。境内から見る琵琶湖の景色が本当に綺麗です。

長命寺の入り口
長命寺の入り口です。
長命寺の三重塔
1597に建てられた塔です

本堂に祀るのは千手観音菩薩のほか、重一面観音菩薩、そして聖観音菩薩であり、この3体合わせて本尊としているようです。他の多くの西国観音のお寺同様、秘仏なので普段は見ることができません。

長命寺の本堂
本堂は1524年の建築

境内の裏にある巨岩『修多羅岩』はご神体として敬われています。滋賀は石山寺や太郎坊など多くの神社仏閣でこういった巨石が見られますね。昔の人はこういったものに神の力を感じていたんでしょう。確かに、なんか不思議なパワーを感じずにはいられません。

修多羅岩
修多羅岩。大きいですね!!
護法権現社
護法権現社: 竹ノ内宿祢を祀る神社です

境内は山の上まで続きます。山の上には太郎坊権現という小さな神社があり、長命寺の鎮守社となっています。なお、ここに祀られる太郎坊とは天狗のこと。当初普門坊と呼ばれる修行僧だったようですが、修行の結果神がかりな力を身に着けた天狗になり、のちに京都の愛宕山に移り住みましたが、長明寺のことを懐かしく思い、岩を愛宕山から投げたら、ここにつきささったという伝説があります。

太郎坊権現社から見える琵琶湖の形式はまさに絶景です。対岸に見えるのは三上山かな? そういえば、三上山も巨石が多くある山でした。

長命寺からみた琵琶湖。ちょっと光が微妙…
太郎坊大権現社巨石が落ちてきそうです。

長命寺のアクセス情報

住所

滋賀県近江八幡市長命寺町157

 

サイト

 

 

行きかた

近江八幡駅から湖国バス『長命寺』行で長命寺下車。近江八幡駅から25分。バスは30分に1本あります。長命寺下車後、参道を徒歩20-30分です。

 

時間

8AM-5PM

 

拝観料

無料

 

そのほか

すぐ近くには西国33観音32番札所の観音正寺がありますが、観音正寺も山の上にあります。バス・電車移動の場合は、一日で両方のお寺に行くのは時間的に厳しいのかも。