天橋立【日本三景】

京都の観光地といえば、いつも京都の中心地ばかり思い浮かべてしまいますが、実は京都府にはもう一つ大きな観光地があります。それが、京都の最北端にある天橋立です。京都や大阪から特急で3時間ほどかかりかなり遠いのですが、松にかこまれた美しい砂州は日本三景の1つとして屈指の人気を誇る関西の観光地です。

天橋立って何?

天橋立は砂の体積によって5000年近く前にできた、幅が20~170mの大きさの砂州です。両側を阿曽海と宮津湾に囲まれており、まるで湾ににかかる天然の橋のような見た目です。砂州の両側には松の木が生え、その美しい景色は日本3景の1つに選ばれています。

成相寺から見た天橋立

伝承によると、伊邪那岐が地上にまつられた伊邪那美のもとに通うために天から続く梯子をかけたと言われますが、その梯子を間違って伊邪那岐が倒してしまい、今のような形になったと言われています。

天橋立を歩く

天橋立駅を降りて、5分ぐらい歩くと天橋立に到着します。遊歩道の始まりが少しわかりにくいですが、文殊で有名な知恩寺の近くです。遊歩道はここから対岸まで3.6km。歩いて約1時間です。歩くのがきついと言う人にはレンタル自転車も豊富にあったので、そっちのほうがいいのかも。さらに自転車も嫌なら船もあります。ちなみに、船や笠松公園に行くリフトなどが入ったお得なチケットもリフト・ロープウェイ乗り場などで売っています。

砂州は完全に湾を閉じてはいないようで、この橋を通って海を渡ります。
船が通れるように、橋が回転するんですね!!

この天橋立の両側には松の木が生え、それがなんとも日本らしい風景ですね。しかも、海風のせいでこれらの松は全くまっすぐでありません。それもまたなんとも日本の「不完全の中に見る美」があっていいですね。

一部に有名な松の木には名前が付けられています。
松の木が海水につきそうですね!
天橋立神社
天橋立神社。ここに湧き出る水は海水でなく、普通の水だそうです。海に囲まれているのに不思議ですね!!
天橋立の自転車
自転車に乗っている人が多くて、歩くのは少数派かも。

海もきれいです!海水浴場になっているみたいです。

天橋立の阿曽海
こっちは阿曽海
天橋立の宮津湾
こっちが宮津湾。浜辺もあります。

ちなみに帰りは、船で帰ってきました。笠松公園のリフト乗り場の近くまで15分ほどで行くことができます。また、船からは100円でカモメに餌をやることもできますよ!

ひとなつっこいかもめですね!

そのほかのスポット

傘松公園

傘松公園から見た天橋立

天橋立を渡りきると、籠神社があり、多くの人がこの神社の奥にあるリフト・ケーブルカーにのって、山頂の笠松公園に向かいます。笠松公園からは天橋立の股覗きができるスポットです。

͡天橋立の籠神社
͡籠神社
リフトに乗ってもロープウェイに乗っても料金は同じです。

ちなみにこの笠松公園でやるのが、股覗きです。股の間から天橋立を見るんですが、なんかちょっと少し恥ずかしい感じですね。ただ、こうすることにより海が空に見え、まるで橋が空の間にかかる橋のように見えるんです。カメラで撮るとこんな感じです。うーん、もう快晴の日だと少し厳しいかも・・・。

天橋立の基本情報

Address

京都府宮津市文殊

 

Website

 

 

Directions

京都から: 京都から天橋立行の特急はしだてで2時間です。この電車は新大阪や大阪にはとまりません。

大阪から: 特急こうのとりに乗り、福知山でタンゴ鉄道に乗り換えて宮津へ。宮津から豊岡方面行に乗り換えて1駅で天橋立です。3時間ほどで着きますが、タンゴ鉄道の本数が少ないので、接続が悪いともっと時間がかかるかも。

 

Hours

N/A

 

Admission

無料

 

Note

いろいろ行くなら、お得なチケットを買うと便利ですよ! 特に成相寺に行く場合は成相寺までのバスのチケットも入った「天橋立三所詣周遊きっぷ」が便利です。リフト・ロープウェイ乗り場で買うことができます。

 

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!