御上神社【野洲の国宝】

滋賀県といえば多くの人が琵琶湖があるところと答えると思います。しかし、意外なことに滋賀県には国宝の建造物が非常に多く、歴史的なところが多いことはあまり知られていません。そんな滋賀県の国宝の中でも、三上山の麓に建つ御上神社に行ってきました。

御上神社

野洲はいつも乗る新快速の行き先になっていることが多いので、名前は知っていましたが、初めて降りた気がします。田舎なようですが、それほど田舎というわけでもありません。

御上神社はその野洲駅から歩いて30分ほど。琵琶湖から流れる野洲川という大きな川沿いにある神社です。駅から結構遠いのですが、残念ながらバスはありません。ただ、神社の向かいに大きな三上山がそびえ、野洲にいる限りは基本的に山が見えるので、神社まで迷うことはないと思います。

三上山。登ることもできます。

御上神社は向かいの三上山の山頂に天御影命(天照大御神の孫)が降臨したのが始まりと言われています。三上山をご神体として建てられ、8世紀にはすでに存在していたとされています。

御上神社は決して大きな神社ではないのですが、門がかなり立派です。小さな神社でもこんなに大きな門があるのはすごいですね。

Shrine Gate of Mikami Shrine; Shiga, Japan
14世紀に作られた門です。
参道です。日本人でも日本人じゃなくても、神社はやっぱり落ち着きますね!!

入るとすぐに本殿と拝殿があります。本殿は約700年前に建てられた非常に古いもので、特に随所に寺のような建築様式が見られることから、めずらしい神社建築として国宝に指定されています。神道と仏教が混じった昔の日本がわかりますね。

Honden of Mikami Shrine in Shiga, Japan
本殿: 国宝ですがかなり近づいて見ることができます。
連子窓: この窓は寺の建築にみられるもので、通常神社にはないタイプの窓です。
柱をよく見てみると蓮の花のよう形をしています。

ちなみに、本殿の前に建つ拝殿はもともとの本殿を遷して建てたもののようです。確かに、本殿とよく似た建物です。

prayer hall of Mikami Shrine in Shiga, Japan
拝殿。
摂社の若宮神社。国宝ではありませんが、重要文化財にはなっています。

御上神社参拝後はせっかく野洲まで来たので、三上山に登ってみたいと思います!

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!