門前のあぶりもちで有名な今宮神社 - 関西バイリンガル冒険記
  • EnglishEnglish
  • 日本語日本語
  • 門前のあぶりもちで有名な今宮神社

    大徳寺といえば京都でも最も有名なお寺の1つですが、その大徳寺の北に今宮神社があります。一見小さな神社に見えますが、今宮神社名物あぶりもちは京都では特に有名で、ぜひ寄ってみたい神社の1つです。

    今宮神社

    今宮神社の起源は平安時代に船岡山に疫神を安置し、疫病退散を祈ったことに始まる神社です。

    Main gate of Imamiya Shrine

    今宮神社はそれほど多くなく、入るとすぐに本殿があります。本殿は、大己貴命や櫛名田比売そして息子の事代主命を祀っています。

    main shrine building of Imamiya Shrine in Kyoto

    その隣にあるのが疫神を祀った神社です。疫病退散のために作ったのが今宮神社ですので、もともとはこの疫社がメインだったのでしょうか。

    あほかしさん: この石をなでて、自分の悪いところをなでるとよくなるらしい。

    この神社は女性に特に人気です。というのも、この神社は創立後しばらくすると廃れてしまい、そのあと桂昌院が復興に携わっているからなんですね!!彼女はこの西陣のあたりに住むただの八百屋の娘だったのですが、3代将軍家光の側室となり、努力をかさねて徳川将軍五代綱吉の母となりました。彼女のように大きく出世したい女性にはこの神社は非常に人気です。

     

    なお、本殿の隣の大きな神社は機織神社です。機織神社は織物の始祖とも言われる古事記に登場する神、栲幡千千姫命を祀ります。彼女は七夕の織姫に機織りを教えたともいわれる神です。

    Hataori shrine in Imamiya Shrine in Kyoto
    京都で織物といえば西陣織。ここは西陣が近いので、多くの人が来るようです。

     

    そのほかのスポット

    あぶりもち

    あぶりもちは今宮神社に来たら、ぜひ食べておきたい食べ物の1つです。その起源は平安時代に一条天皇が病気になったときに厄除けのために作られたものにちなむといわれ、1000年以上の歴史を持ちます。

    今宮神社の東門を出ると2つのお店が並んでいますよ。門から出て、右が「かざりや」で創業は400年、左の一和はなんと一条天皇が在名のころよりあり、1000年近く営業しています。味はどちらもほとんど変わらないようなので、空いているほう行きました。

    しかし、両方ともかなり混んでいます。全部手作りで焼いているようで、30分近く待ちました。でも待ってよかった!!

    Aburi mochi at Imamiya Shrine in Kyoto

    あぶりもちは黄な粉をまぶしたおもちをあぶり、それに白みそをかけたもの。この白みそのたれがひじょうにおいしいんです!!海外にはない、上品な味ですねぇ。日本の良さが出ているような感じです。他の日本に滞在している人にも是非お勧めしたいお菓子の1つです。なお、1つのもちは1口で食べれるほど小さいが、5本も入っているのがうれしいですね!!

    今宮神社のアクセス情報

    住所
    京都府京都市北区紫野今宮町21

     

    行き方
    大徳寺から徒歩5分。最寄り駅は地下鉄烏丸線の北大路駅で、北大路駅から徒歩約20分。

     

    拝観時間
    9:00~17:00

     

    拝観料
    無料

     

    そのほか
     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です