ダイヤモンドトレイル Final【紀見峠~槇尾山】

屯鶴峯からスタートしたダイヤモンドトレイルですが、とうとう最後のセクションまできました。最後のセクションは紀見峠からスタートして槇尾山まで向かいます。およそ15km程度で、時間にしてだいたい5-6時間。11月には岩湧山のススキが見ごろで、とても楽しいハイキングが楽しめます。

※ゴールの槇尾山から林道を下るオレンジバス(ワゴン車みたいなバス)の本数はかなり少ないので注意が必要です。

ダイヤモンドトレイル Final

紀見峠- 岩湧山

ダイトレの最後のパートは紀見峠から始まります。紀見峠の駅からは高野街道に沿って、登山口まで上がっていきますが、さっそくかなりの上り坂なのがきついです。駅からは30分ぐらい。登山道に着くとすでに息が上がっていきます。ちなみに、岩湧山のススキがきれいな頃に来ると、紀見峠駅から岩湧山まで歩く人が多くいますが(といっても滝畑からスタートする人が大半ですが)、ダイヤモンドトレイルは多くの人が岩湧山の登山で利用する道とは異なるので注意が必要です。ということで、8:30分スタートです。

ダイヤモンドトレイル岩湧山への入り口
ここから山道。入り口はわかりやすいです。
ダイヤモンドトレイル
トレイルはわかりやすいです。
沼みたいだ。アメリカならここに沼マムシとワニがかなりいそうです。

まずはここから岩湧山三合目を目指します。このパートはあまり人気がないようで、ほとんど人と会うことはありませんでした。また、一部倒木や橋が崩落しているところがありましたが、ダイヤモンドトレイルにおいてこういった箇所はめったにないので、今はおそらく直っているんでしょう。このダイヤモンドトレイルの素晴らしさはそのメンテナンスが行き届いていることで、荒れた道ならすぐにルートからそれているとわかります。

ここの橋は崩落しているようだ。
山の中の小屋ほど怖いものはないですね。この小屋の後ろを右折です。まっすぐ行くのは間違いです。

三合目に着いたのは10:00。意外と時間がかかってしまいました。三合目からはこれまでの静けさとは違って、結構人が増えてきました。というのも、三合目で紀見峠駅から上がってくる岩湧山への登山ルートと合流するからです。

ダイヤモンドトレイルの岩湧山三合目
岩湧山三合目。
ダイヤモンドトレイルの岩湧山
とっても気持ちのいい森歩きです。

岩湧山

歩き始めて3時間。岩湧山に到着です。897mの大きな山です。山頂はススキに覆われ、本当にきれいです。きれいだとは聞いていたものの、想像していたよりもずっときれいでした。岩湧山は大阪市内から近いのにこんなに美しい景色が楽しめるのはいいですね!

美しいすすきです。
Summit of Mt. Iwawaki
岩湧山は 897m 。結構高いですね。

かなり有名な山ですが、山頂に自販機などはありませんでした。山頂の広場もあまり大きくなく、座るところがないほど人がいました。すごい人気ですね!山頂からは大阪府の全体が見え、本当にきれいです。

岩湧山のすすき
岩湧山の山頂から。

岩湧山- 滝畑

岩脇山からは滝畑に向かってひたすらきつめの坂を下っていきます。ススキを見に行く人の大半は滝畑から登るので、登山道には結構人がいました。滝畑からは河内長野行のバスがありますが、バスの本数が少ないので滝畑から始めて紀見峠駅に降りていくほうが方が時間を気にしなくていいんでしょうね。

ここは若干滑りやすいです。
ダイヤモンドトレイルの滝畑
滝畑に降りてきました。

滝畑には13:30到着しました。滝畑ダムが中央に広がるきれいなところですが、実はこの滝畑ダムは大阪でも超有名な心霊スポットです。下の写真に見える橋で白い服を着た老婆が車を追いかけてくるのだとか。昼間来ても普通のダム湖にしか見えませんが(というか、もっと不気味なダム湖は多く見ましたが)、夜来たら全然違う雰囲気なんでしょうか。

大阪最恐スポットとよばれる滝畑ダムです。

滝畑 – 槇尾山 [ゴール]

滝畑から槇尾山に行くのはすこしややこしいです。川を渡り、民家の隣の左の階段を上がっていく感じです。槇尾山までは1時間半程度って感じです。

民家の脇から入っていきます。

この辺りはアップダウンは激しくないですが、かなりひっそりとした森歩きです。滝畑も槇尾山もアクセスがかなり悪いので、あんまり歩く人がいないんでしょうね。最後の踏ん張りで頑張って歩きます。

おそらくここはダイヤモンドトレイルでも最も人気がないところでしょう。
ボテ峠
ぼて峠。もう着きます!

槇尾山の頂上には施福寺があり、ゴールが近くになるにつれて雰囲気がお寺っぽくなってくます。石垣やお地蔵さんが見えてきたらゴールはもうすぐ!頂上付近は分岐が多いので注意が必要です。

石垣? 施福寺のものでしょうか。

さて、槇尾山には14:30到着です。結局6時間のハイキングとなりました。岩湧山でゆっくりしすぎたかなって感じです。屯鶴峯からは45キロ。ずいぶん長かったように感じますが、本当に楽しめたトレイルでした。そしてこの施福寺で終わるというのもなかなかいいなぁと思います。夫婦で西国33箇所巡礼もやりましたが、やっぱりこの施福寺は国宝こそないにせよ、最もお気に入りの巡礼地の1つです。

槇尾山。ゴールです。
槇尾山の頂上には施福寺があります。西国三十三箇所のなかでも最もアクセスしにくいお寺です。
ダイヤモンドトレイルの終点。
左がダイヤモンドトレイル。右が降りていく道です。ここに起点の石板があります。

さて、ということでここで終わりですが、実はここからも少しややこしいです。ゴールとなった槇尾山ですが、ここは山頂にほど近いところなので、ここから30分ほどかけて下山しなければいけません。下山すると、オレンジバスという和泉市のコミュニティーバスに乗って、終点の槇尾中学校前まで乗り、さらにそこから南海バスで和泉中央、和泉府中、泉大津駅へ行くことができます。ただ、オレンジバスの便数がかなり少ないので注意です。まぁ林道を歩いても5kmぐらいなのでそんなに大変ではないと思います。

さて、ダイヤモンドトレイルはこれで終わりですが、実はこの槇尾山からまだ50km以上も大阪の最南端の岬町まで別のトレイルがあるんですよね。そこもぜひ歩いてみます!!

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!