ダイヤモンドトレイル1【屯鶴峯~水越峠】

大阪府は大阪湾と山に囲まれています。特に東南には金剛山を主峰とする金剛山地がそびえており、この金剛山地をダイヤモンドトレイルという45kmのトレイルが縦走しています。このダイヤモンドトレイルは大阪でも特に人気のハイキングコースですが、今日はその中でも初めのおよそ3分の1の区間である屯鶴峯から水越峠までを歩いてみました。

※屯鶴峯から水越峠はおよそ15キロ。ほぼすべて山道で所要時間は6時間程度(休憩含まず)です。

ダイヤモンドトレイル 1

屯鶴峯- 二上山

ダイヤモンドトレイルは奈良県と大阪府のちょうど境にある屯鶴峯から始まります。屯鶴峯は奇岩群として知られ、防空壕もあるような人気スポットですが、結構アクセスが悪く、最寄りの近鉄南大阪線の関谷駅から歩いて30分ぐらい。スタートした時間は7時過ぎ。結構早めのスタートです。

なお、ダイヤモンドトレイルは起点となる石板は屯鶴峯の入り口付近にありますが、ダイヤモンドトレイルは屯鶴峯の中は通っていないので、入る必要はありません。前を通る大きめの道に沿ってしばらく歩いていきます。交通量も多めで、歩道がないのでここは少し危ないです。

ここがダイヤモンドトレイルの起点。屯鶴峯には入らないです。
しばらく大きな道沿いに歩きます。歩道がなく、結構危険です。
ここから山に入っていきます。小さいので見落とさないようにしたいです。

この山道から二上山を目指すのですが、二上山まではほぼずっと階段が続きます。ダイヤモンドトレイルといえば、階段と言われるほど階段がしんどいです。さらに、二上山のあたりは大昔火山だったからか、地形がでこぼこしており、登っては降りたりとかなり大変です。まだ序盤なので、あまり体力を使わず行きたいところなのですが、さすがダイヤモンドトレイル。そうはさせてくれません。すでにかなり体力が消耗されてしまった気がします。

二上山へ続くダイヤモンドトレイル
二上山に続く長い階段

二上山は、飛鳥から見ると三輪山から太陽が昇り、この二上山に太陽が沈むように見えるので、歴史的にも非常に神聖な山とされてきました。二上山自体もとても登りやすいので、関西でもかなり人気の山です。そのため、多くの登山道があり、山頂は分岐が多いので注意が必要です。山頂の展望台には8:20に到着しました。

二上山は雄岳(517m)と雌岳(474m)からなり、雄岳のほうが少し高いって感じでしょうか。ダイヤモンドトレイルは雌岳のほうは行きますが、雄岳には行かないので、時間と体力に余裕があればコースを離れて雄岳の方に行ってみてもいいのかも。雌岳からは20分ぐらいでいくことができます。

ダイヤモンドトレイルから見た二上山
二上山から。大阪方面です。

二上山 – 大和葛城山

二上山からは竹ノ内峠を目指して降りていきますが、それほど道はきつくなく(慣れてきただけかも?)、比較的歩きやすい道が多かったと思います。竹ノ内峠はダイヤモンドトレイルと竹ノ内街道の交差点で、竹ノ内街道は堺から飛鳥を結んだ日本初の街道と言われます。いつか竹ノ内街道も歩いてみたいなぁ!!この辺りで9時前って感じです。

ちなみにこの竹ノ内街道に沿って奈良方面へ降りていくと、1時間ほどで近鉄の当麻寺駅や磐城駅に行けます。大阪側の上ノ太子方面に行くと歩道がなく結構道が危ないです。

竹ノ内街道と交差します。
山道に戻る前に数分ほど竹ノ内街道に沿って歩きます。

竹ノ内峠からは平石峠を経て、次の山である岩橋山を目指すのですが、ここから登りが結構は激しくなってきました。岩橋山は名前は、葛城修験道の開祖とされる役行者がここから吉野の金峰山まで修験者が簡単に行き来できるように岩の橋を架けようとしたことに由来しています。残念ながら、岩橋山の頂上は完全に木に覆われており、何も見えませんでした。岩橋山の頂上で10時過ぎ。まだ歩き始めて3時間しかたっていないんですね。

岩橋山に続く階段
平石峠。ここからまたあがっていきます。
岩橋山 (658m)

岩橋山からはこのセクションのメインになる大和葛城山に向かいます。葛城山は959mの大きな山です。岩橋山からは最初は平たんな道が続くのですが、後半部分はそのほとんどが階段でかなりしんどいです。山道を数時間歩いてすでにくたくたなのに、階段は異常に長く急です。階段のところまで来たら、もうすぐ山頂。山頂から水越峠は下るだけです。本当にあと少しです。がんばりましょう!

山の中を歩くのは本当に気持ちいです。
まじか…もう勘弁してほしい…
トレイルランナーの人も結構います。ここを走れるなんてすごいな…。

大和葛城山

岩橋山から歩いて2時間半ほど、12時に大和葛城山の山頂に到着しました。かなり休みながら歩いてきたので、普通に山に慣れている人ならば2時間程度で十分登ってこれると思います。大和葛城山は高さは959m!大きいですね。こんなに高いと冬に雪が積もることもあるんでしょう。山頂は結構開けていて、自販機や軽食ができるところもありました。

大和葛城山の山頂
大和葛城山の山頂。
これぜーんぶつつじです!5月頃に満開になります。

山頂からの景色は大阪と奈良の両方を見渡すことができます。とってもきれいで今までの疲れが吹き飛んでしまいそうです。とはいえ、どうしても疲れたら、ここからロープウェイで下山することも可能です。今度つつじを見に来る時はこのロープウェイを活用したいと思います。

大和葛城山の頂上付近から。
ダイヤモンドトレイルから見た大和葛城山
こんなきれいな景色を見ると疲れも吹き飛びます。

大和葛城山 – 水越峠

葛城山からは水越峠に向かってどんどん降りていくのですが、階段ばっかりです。石段ということもあり、降りる時にはなかなか膝に負担がかかります。

階段ばっかり!!もう結構膝にきています・・・。
ダイヤモンドトレイルから見た金剛山
あれが金剛山。次に登る山です。
ダイヤモンドトレイルの水越峠
山道から出てきました!水越峠到着です。

さて、水越峠には13時到着。意外と早く着きました。歩いた時間は6時間ほど。全体的にこのセクションはかなり高低差がきつく、膝の負担も大きいです。あまり山登りに慣れていない人はいきなり屯鶴峯から水越峠まで歩くのは難しいのかも。この水越峠からは富田林駅に向かうバスがありますが、一日4便ほどで土日のみの運行です。ちなみにこのバス停の近くに葛城登山口というバス停もありますが、ダイヤモンドトレイルが降りてくるのはこの水越峠のほうです。

ちょうどいいバスの時間がなかったので、ここから富田林の駅まで歩いて帰りました。さらに1時間ほどかかりましたが、途中には楠木正成が生まれたとされる建水分神社もあるので、なかなか楽しい寄り道でした。

水越峠のバス停。土日のみで、一日4便しかないです。

 次は金剛山に上り、紀見峠まで歩きます。槇尾山のゴールまではまだまだですね。頑張って歩きたいと思います!

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!