勝鬘院・愛染堂【愛染さん】

上町台地には四天王寺や生玉、高津宮をはじめとして多くの神社仏閣があり、大阪の歴史が集約されているところといえます。その中にも際立って歴史のある寺もいくつか存在し、その一つが勝鬘院・愛染堂です。大阪では愛染さんと呼ばれ、大阪の人に長いこと愛されてきました。

勝鬘院・愛染堂の歴史

勝鬘院・愛染堂の歴史は古く、593年聖徳太子が四天王寺建立の際に建てたと言われています。実は太子は四天王寺自体も建てたのだが、四天王寺を守護する七宮や四天王寺が運営する日本初の社会福祉施設である四箇院も作りましした。七宮は今回は置いといて、四箇院に関しては以下の4つです。

敬田院・・・戒律の道場

施薬院・・・薬草を栽培し、けがや病気に苦しむ人を救う施設

療病院・・・身寄りのない人を療養する施設

悲田院・・・貧しい人や孤児のための施設

このうちの施薬院がこの勝鬘院・愛染堂のルーツといわれています。なお、この施薬院では聖徳太子が勝鬘経の講義を行っていたため、勝鬘院と呼ばれるようになり、愛染明王をまつっている愛染堂が有名になるにつれ、愛染さんと呼ばれるようになっていきました。

 

勝鬘院・愛染堂の境内

門: 赤くて立派な門だが、メインストリートに面しているわけではないので、わかりにくいです。

門を入ると、すぐに愛染堂があります。聖徳太子による創建ですが、石山戦争でその時に建物は燃えてしまい、現在あるのは2代目江戸将軍徳川秀忠による再建だそうです。ここには愛染明王が祀られており、愛染明王は愛欲の煩悩を悟りへと変えてくれます。

愛染堂。ただし、普段は愛染明王の姿を見ることはできず、愛染まつりの日と正月にだけ開帳されます。

ここのお参りの仕方はほかのところはかなり異なります。まずは、賽銭箱の近くにある紙にお願いごとを書き、その紙を両手で抑えて、鼻よりも高く持ち上げ、「うん しっち そわか」と7回唱えます。ちなみに、この「うん しっち そわか」は愛染明王の御真言(真実の言葉)です。真言宗のお寺に書かれていることが多いです。

 

勝鬘院・愛染堂は結構広く、メインの金堂以外にもたくさんのものがあります。最も有名なもののひとつがこの愛染かつらである。巨木の桂の木に、ノウゼンカズラが巻き付いており一体となっている。このことが男女睦まじい姿のようであることから、「縁結び」や「恋愛成就」のための霊木といわれている。

 

そして中でも、勝鬘院・愛染堂のなかでも最も歴史的価値のあるものは、金堂の裏にある塔でしょう。聖徳太子が愛染堂を作った時よりあるのですが、石山戦争で燃えてしまい、後に秀吉がこの塔を1597年に再建してからは今まで燃えずにずっと残っています。大阪の陣でも第二次世界大戦でも、大阪で複数回あった大きな火事でも燃えていないのはこの多宝塔ぐらいしかなく、大阪市で最も古い木造建築となっています。

愛染まつりのとき以外は扉が閉められており、中の様子はわからないが、中には秀吉が作らせた大日勝金剛尊が祀られています。

愛染まつりは毎年6/30, 7/1, 7/2に行われる祭りで、天神祭や住吉祭とともに、大阪の三大夏祭りとも言われる祭りです。そのときになっったらまた来てみたいですね!

愛染院・勝鬘堂

住所
大阪府天王寺区夕陽丘町 5-36

 

行き方
大阪メトロ谷町線夕陽丘駅より4番出口をでて谷町筋を渡り、大阪星光学院横の道を入ってすぐ。

 

拝観時間
9:00~16:30

 

拝観料
無料

 

そのほか
お時間に余裕がある場合は難波や上本町の駅から、上町台地沿いに歩くと大阪の歴史が感じられていいですよ! 夕陽丘という名前の通り、周囲は昔は夕日がきれいなスポットでした。

 

 

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!