成相寺 【西国三十三箇所28番札所】

西国33箇所を何個か回ってみるとすぐに気づくことがあります。それは1つ1つの札所があまりにも離れすぎているということです。第一の青岸渡寺が紀伊半島の南端にあるのに対して、この成合寺は関西の最も北、大阪から電車に乗って3時間ほど北に行った天橋立に位置する小さなお寺です。

成合寺の歴史

寺伝によると、成合寺の始まりは704年。特に創建の歴史などはあまりはっきりしていないのだが、古くからあったことは確実で今昔物語にはこの寺の話が「丹後国成相寺観音霊験語」として出てきます。

それによると、真応上人がこの地で修業を行っていたが、人の往来もなく、餓死寸前になっていました。そこで真応は自身が祀っていた観音になんとかその日食べるものを恵んでもらうようお願いしたところ、一匹の狼が倒れているのを見つけ。僧とました。僧として肉食は禁じられているので、迷ったが、命には代得られないと思い、このイノシシのもも肉を食べてしまいました。

のち、雪が解け、改めて観音像を見てみると、観音のももが削られており、木くずが落ちていました。真応はあわててその木くずを観音にくっつけると、観音は元通りになりました。真応はこれを見て、観音がイノシシ絵に身を変えて、身代わりになったと知ったのでした。

このような昔話がつたわるも、そのほかの中世以前の歴史に関しては特によくわかっていないようです。

成相寺の境内

成合寺は天橋立の傘松公園からバスで山を上がったところにあります。車道を歩いてもそんなに時間はかからないので、30分以上バスを待つなら歩いたほうが早いような気がします。途中の道にはたくさんの桜が植えられていました!ただ、冬は雪のために歩くのはちょっと難しいのかもしれません。ちなみに、成相寺行の往復のバスのチケットや往復のリフト、片道の船を合わせたお得なチケットはリフト乗り場で買うことができます。

成相寺の山門
成相寺の山門です。天橋立の奥にこんな立派なお寺があるんですよね!!
もともと浴槽として使われていたものだそうです。龍がかっこいいなぁ

本堂に祀られているのは、聖観世音菩薩。御伽草子の梵天王にも出てくる観音で、美人になれる観音としても信仰されています。なお、聖観音像は33年に1回の公開で、次は2038年です。また、本堂には真向きの竜と言って、どこに立っていてもずっと見つめているような竜の彫刻があります。

成相寺の本堂
1774年に建てられたものです
1678年に建てられた鎮守社です。 壁に囲まれていますが、雪除けでしょうか。

本堂にお参りした後にはぜひ展望台へ行きましょう。展望台は五重の塔の近くにあり、2、3分で着きます。成相寺には展望台が2つあり、本堂から登っていく展望台は展望台まで歩いて1時間かかるようなので注意です。

成相寺の塔です。冬にも来てみたいなぁ!
成相寺の展望台入口
この階段を上るとすぐに展望台です。

ここからみる天橋立は笠松公園より綺麗かもしれないですね。確かに、人が少ないのでゆっくり見ることができるし、笠松公園より高い位置にあるので、ここだと天橋立がもっとよく見えます。

成相寺の展望台からの眺め
美しいなぁ!
ここならほとんど誰もいないので股覗きがやり放題です!

成相寺のアクセス情報

住所

京都府宮津成相寺339 

 

Website

 

 

行き方

傘松公園からバスで15分ほど坂を上がったところにあります(バスは1時間に2本程度)。笠松公園から歩いて30分ほどで着きます。

 

拝観時間

8:00-16:30

 

入場料

500 円

 

 

そのほか

成相寺へは天橋立三所詣チケット(往復のリフト、往復のバス、片道のフェリー)が便利です。

 

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!