飛瀧神社【那智の滝】

那智の滝は飛瀧神社のご神体として古くから多くの人の畏敬を集めてきました。巨大な滝はまさに圧巻の一言で、自然の偉大さを思い知らされます。

飛瀧神社

飛瀧神社は青岸渡寺の三重塔から下ってすぐのところにあります。那智自体が結構山の中にあるので、高低差があるのが少し大変です。境内を歩いているとどれが青岸渡寺で、どれが那智大社のかとわからなくなりそうですが、那智の滝は飛瀧神社の境内あります。

青岸渡寺三重塔と那智の滝
青岸渡寺三重塔と那智の滝。
飛瀧神社の鳥居
飛瀧神社の鳥居。ここからスタートです!!

飛瀧神社の鳥居をくぐると、階段を下っていきます。短い道のりですが、石段になっており、周囲は那智原始林になっています。うっそうとした森で、なんとも荘厳な雰囲気が漂うところです。

石段を下りていきます。

階段を下りてくると飛瀧神社。社殿のようなものはなく、ご神体は那智の滝です。近くで見るとかなりの迫力です。ちなみに、落差は133mあり、滝つぼだけで10mあるようです。落差自体は日本一というわけではありませんが、一段の滝としての落差は日本一です。

熊野三山はそれぞれ自然崇拝から始まりました。そのなかでも那智大社はこの那智の滝をご神体として始まったと言われています。

那智の滝。大きいですね!!

もっと滝に近づきたい場合は300円払えばお滝拝所行くことができます。滝のすぐそばにあるので迫力がすごいです!!参拝時には水量も結構あったので、音だけですごい迫力です。

那智の滝は岩盤の切れ目のため、三筋になり落下するので、三筋の滝とも呼ばれますが、近くに来るとよく見える気がします。

滝の水は延命長寿のご利益ありということで、飲むことができます。
お滝拝所では水しぶきまで感じます!!

あんな高さから水が落ちてくるなんて本当に自然の神秘ですね。熊野にはこういった神秘的な場所が本当に多く存在します。長い日本の歴史の中でなぜこの熊野が特別視されたのか、本当によくわかる気がします、

error: Content is protected !!