愛宕山に登る【登拝】

京都で火の神様として知られる有名な神社といえば、愛宕神社ですね。三歳までにお詣りすれば火事に会わないとも言われ、京都人にとってはとても馴染みのある神社です。そんな愛宕神社ですが、実は愛宕山を登った頂上にあります。

愛宕山に登る

嵐山からバスに乗り、清滝のバス停。そこから少し歩いて清滝川そばの鳥居前から表参道が始まります。他にもいくつか道はあるのですが、ここがおそらく一番人気の参道です。

ちなみにここにあるのは二の鳥居。一の鳥居は化野念仏寺の近く。ここから結構離れたところにあるんですよね。

なお、登山口付近にトイレがありますが、それ以外は山頂までトイレがないので注意です。

渡月橋から見て、ぽこっと頂上が出ているのが愛宕山。
愛宕神社一の鳥居。鳥居本にあります。
二の鳥居。ここからスタートです!!

さて、麓からわずか4kmの道のりですが、階段ばかりなので登り降りに時間がかかり、山頂まで2~3時間程度って感じです。神社での参拝時間を考えると、午前からスタートしないとだめでしょうね。

標高は924mですが、標高差は800m程度あり、なかなか高低差がある山道になっています。

馴染みのある山ということもあり、戦前はここにケーブルカーがあり、愛宕山には遊園地やホテルもあったんですよね。結構意外です。

整備された道で歩きやすいです。
結構な階段で。
ところどころにお地蔵さんがいます

しかし、結構人がいますね。やっぱり京都に人気の神社だからでしょうか。京都では人が少ないところを探すのが難しいぐらいです。

中腹には大杉神社やお茶屋の跡が残っています。昔から人が多く、賑わいがあるところだったんでしょうね。

大杉神社。この辺りで500m程度
けしき: 大杉神社付近からはよく見える。桂川が見えますね!
お茶屋の石垣が残っていますね。

水尾の別れまで来ると、愛宕神社までは60分ほど。結構疲れています。この辺りから少し雪が出てきました。愛宕山は冬には雪が積もっていることがあるので、要注意です(アイゼンが必要です)

水尾の別れ。
鹿ですね。人が多いので、見れると思いませんでした。
雪が出てきました。

あるき始めて2時間半でようやく黒門が見えてきました。この黒門はもともとこの愛宕山の山頂にあった白雲寺の門。白雲寺は廃寺となり、愛宕神社になりましたが、まだ残っているんですね!!

この黒門からはいよいよ愛宕神社です!!