舞洲工場【世界で一番美しいごみ処理場】

大阪に浮かぶ大きな人工島舞洲。大半の人にはあまりなじみのない島ですが、実は世界的に有名なものがあります。それが、舞洲工場(ごみ処理場)です。ごみ処理場?と思うかもしれないが、実はこのごみ処理場、ただの処理場ではありません。実は、世界的な建築デザイナーフンデルトバッサー氏がデザインした超ユニークな建物なんです。

舞洲工場

舞洲工場

舞洲の入り口に大きく建てられているのがこの舞洲工場です。舞洲に来てどこにあるかなんて迷うことはないでしょう。この大きさ、奇抜な外見をみてすぐにわかります。

view of the Maishima Incinerator Plant
舞洲工場

さて、ではなんでこんなものがこんなところにあるかということですが、2008年のオリンピックに向けて、この舞洲を開催地にしようと計画しており、島を魅力的にする一貫として建てられたのが、この工場でした。総工費は609億円。残念ながら、2008年に大阪が選ばれることはなく、市民から無駄使いだと非難を浴びることになってしまいましたが・・・。

この奇抜な工場を作ったのは世界的に有名なオーストリアのデザイナー、フンデルトバッサーです。彼は、大阪にいくつかほかにもデザインしていますが、ごみ処理場に限定すると、彼がデザインしたのは世界に2つだけ。彼はこのごみ処理場の完成を見ずに亡くなっているので、彼の最後の作品ということになるんでしょうか。彼は自然界に直線は存在しないという理念をもっており、建物のペイントには多くの曲線を見つけることができます。

front of the Maishima Incinerator Plant

 

entrance of the maishima incineration plant
自然との調和をはかっているため、周りは森に囲まれています。
窓が多いですが、大半は装飾用の窓のようです。
この玉が1つ100万円。これが100個以上あるので、合計で・・・というのはよくニュースでやってましたね。

このごみ処理場のすごいところは燃やしたときに出た蒸気を用いて発電し、工場内でまた使っていたりするハイテクなところなんでしょう。その他、ごみの燃焼時に出た有害ガスはろ過して煙突から排出するなど、かなり高度な技術を使っています。デザインだけでなく、技術もすごい!

なお、このごみ処理場は外見はいつでも見学可能だが、中に入ることはできません。ただし、年に何度かオープンで―というものがあり、その日に限っては中に入れてくれます。ということで、オープンデーに行ってみました。

エレベーター
curvy hallway of the Maishima Incinerator Plant
内部も凝っていますねえ

中にはごみに関する知識や実際にごみを処理している様子などを見ることができます。見学中にもごみのにおいなども全くしないので、快適に見ることができました。ごみに関する資料やハンドオンアクティビティなど、子供と楽しめそうなものがたくさんあるのがいいですね!!ごみに関して考えさえられる展示も多いです。

 

舞洲スラッジセンター

ごみ処理場の前にあるのが、同じくフンデルトバッサーによる奇抜な建築、舞洲スラッジセンターです。ここは下水処理場であり、そういわれるとすごい匂いがしそうな感じですが、不思議とここも全くといっていいほど匂いがしません。本当に稼働しているのかとさえ思えてしまうのですが、それがこの工場のすごさなんでしょう。こっちは800億円ものお金をかけて作られ2004年にオープンしました。

 

なお、スラッジセンターに関してはオープンでーのようなものがなく、ここは予約しないと入れないようですね。ただし外見だけでもかなり面白いです。

よく見ると柱のデザインが全部違いますね!

 

舞洲工場のアクセス情報

住所
大阪市此花区北港白津1-2-48

 

行き方
環状線西九条駅から大阪シティーバスで45分

 

営業時間
10時~16時 (ただし、オープンデーの時のみです)

 

入園料
無料

 

そのほか
オープンデーの予定は舞洲工場のホームページで見ることができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。