北山西部コース【京都一周トレイル】 

京都一周トレイルの北山西部コースは二ノ瀬から始まり、北山の美しい北山杉の中を抜け、高雄そして愛宕山の麓、清滝へと向かうコースです。途中、エスケープルートがなく、20kmほどの長距離コースですが、途中舗装された林道も多く歩きやすいコースです。朝早めに出発し、一気に清滝へと向かってしまいましょう。

北山西部コース

北山西部コース: 二ノ瀬 - 向山

二ノ瀬駅は貴船・鞍馬の直前にある小さな駅です、ほとんど降りる人はいませんでした。北山西部コースはその二ノ瀬駅から徒歩5分あたりにあるところから始まります。

北山西部コースの入り口
ここから山の中に入っていきます。

始まってすぐに、北山西部コースの難所があります。それがこの二ノ瀬から夜泣き峠までのきつい登りです。距離はわずか1kmほどですが、実際はもっと長く感じます。そして、峠を越えてもしばらく登りが続きました・・・。

夜泣き峠

夜泣き峠の名前は文徳天皇の皇子、惟高親王がこの峠を通るときに夜泣きされ、乳母が祈ると皇子が泣き止んだからだといわれています。夜泣き峠を越えると、向山の頂上に到着ですが、残念ながら山頂からの眺望はありません。

北山西部コースの向山
向山の頂上です。

北山西部コース: 山幸橋 – 氷室

向山を下ると、今度は山幸橋に降りてきました。ここを流れる川は鴨川です。ずいぶんと上流なので、川はかなり小さいですね。この山幸橋から先は盗人谷を行きます。

鴨川
この小さい橋を渡ります。

盗人谷という名前がしっくりくるように、じめじめとした感じで、暗いです。もしかしたら、山賊のような集団が住んでいた場所なのかもしれないですね。この盗人谷を抜けると、峠を経て氷室です。

北山西部コースの盗人谷
盗人谷
北山西部コースの盗人谷
盗人谷の後半部はきつい坂です。

北山西部コース: 氷室 – 沢ノ池 

氷室に出てきました。氷室という名前からもわかる通り、ここでは昔氷を作って、京都に運んでいたのでしょう。集落の端には氷室神社があります。

氷室

氷室からはしばらく車道です。林道には林業に従事する人であろう車が通行するので、車に注意しなければいけません。なおこの氷室を入ったあたりからきれいな北山杉がたくさん出てきます。実はここから数キロほど北に行ったところにある中川地区は特に北山杉が有名な地域で、このあたりでも北山杉を育てているところは多くあるようです。北山杉は京都府の木でもあり、茶室や寺院の建築に重宝される高級な木です。

杉の木が多くあります。

トレイルはこの後、氷室口付近で2つに分かれますが、私たちは北の道(レストランを経由する方)を進んでいます。南の道にはマップに急坂とありましたから・・・。ちなみに、秋のマツタケシーズンになると標識の68から75までは迂回路を通らなければいけず、南の道のみが迂回路につながります。迂回路は山を下りて、また昇ってくるコースなので、1時間ぐらい余計にかかってしまいそうですね・・・。

ここで別れます。ここを右に進んでいます。
ここでレストランの前を通っていきます。ここで食べたかったなぁ・・・。時間があれば食べたのに!!!
北山西部コースの京見峠
この辺りから見る京都はきれいですね。この辺りで再び合流します。

さてもう少しすすむと沢の池が見えてきました。ここは江戸時代に作られた人口のため池です。水がとてもきれいでしたよ。キャンプしている人もいました。この沢の池を過ぎると高雄まで1時間ほどです!!ここから高雄まではすこしきつい下り坂が続きます。

沢ノ池
杉の木の間を通っていきます。

北山西部コース: 高尾 – 清滝

さて、高雄におりてきました!!高雄周辺は高台寺、西明寺、神護寺などの有名なお寺が多くあるところで、紅葉の名所として知られています。行ったときは冬だったので、どれもやっておらず、冬の高尾はかなりひっそりとしています。

高尾
高尾の川床
冬は川床は閉まっています。

ここから終点の清滝までは1時間ほど。これまでは山でしたが、清滝川に沿った川の道を歩きます。高低差はほとんどないですが、少し滑りやすいです。山の中を歩くのもいいのですが、こういった川沿いに歩くのも気持ちがいいですね!!

北山西部コースの杉の道
北山杉のおはしが見えます。
Kitayama West Course: Kitoyaki River
雨が降った後は特に危ないです。

車道に出てくると、清滝は本当にすぐです。この清滝から愛宕山に登り、愛宕神社も参拝しましたが、なかなかよかったですよ!階段多めの登山でしたが・・・。そしてとうとう終点の清滝到着です。タイムはほぼぴったり7時間でした。ここからバスで嵐山駅前へと向かいました。西山コース沿いに45分ほど歩くと、JRの保津峡駅にも行けます。

ここが北山西部コースの終点。

次は、京都一周トレイル最後の西山コースを歩きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。