岩間寺(正法寺)【西国三十三箇所12番札所】

大津と宇治の境目。この山奥に西国三十三箇所の十二番の札所、正法寺があります。岩間寺の名で知られており、アクセスもかなり悪いところですが、毎月17日になると無料のバスもあり、多くの人が訪れます。

岩間寺の行き方

JRの石山駅を降りてしばらく歩くと岩間寺までは無料のバスがあります。このバスは毎月17日のみの運転です。平日でも結構混雑していたので、17日が土日にあたる場合は、かなり混雑するんでしょうね。余裕をもって着いたほうがいいかもです。

臨時バスの走る時は石山駅のところに看板が出ています。

17日以外に行く場合は、石山駅から52.53.54.55のいずれかのバスに乗り、中千町(ちゅうせんじょう)バス停で下車します。そこから1時間ほど寺まで歩くと岩間寺です。結構な坂道です。

中千町バス停です。ここを奥の道へと進んでいき、高速を超えて山へ登っていきます。

岩間寺

岩間寺は493mの岩間山の山頂付近にあります。

Entrance to Iwamadera
山門のようなものはありません。
ぼけ封じ観音

岩間寺は僧・泰澄が元正天皇の病気を法力で直した褒美として、722年に建てられた寺です。泰澄はこの地にあった桂の木で自ら千手観音を掘り本尊としました。

Inazuma Ryuo Shrine of Iwama-dera Temple in Shiga, Japan
稲妻竜王社: 雷・火除けの神様。泰山は雷を捕まえて弟子にしたという伝説が残ります。

この寺は長く雷に悩まされたという歴史もあり、現在の本堂は1577年に再建されたものです。またここに安置される本尊は別名汗かき観音ともよばれており、これはここの観音が毎夜この寺を抜け出して、人々を救済し、汗びっしょりになって帰ってくると信じられているからです。残念ながらこの観音様は秘仏なので公開されていません。

main building of Iwama-dera temple

Fudodo of Iwama-dera Temple in Shiga Japan
不動堂。ほんの20年前に建てられたもののようだが、中の仏像はかなり古いです。

境内の奥のほうに行くと、日本で随一とも呼ばれる桂の大樹があります。少し見えにくいですが、本当に大きな木です。

岩間寺のアクセス情報

住所
滋賀県大津市石山内畑町82

 

サイト
 

 

行き方
京阪石山坂線またはJRの石山駅が最寄り駅。大阪や京都から行く場合はJRが便利(JRの方が断然早いです)。石山からは無料のシャトルバスが出ています。

 

拝観時間
9:00-16:30

 

拝観料
500 円

 

そのほか
石山といえば石山寺ですよね!!帰りの際には石山寺によることをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。