飛鳥寺と飛鳥大仏【日本初の本格寺院】

古代政権の地と言えば、やっぱり飛鳥。そしてその飛鳥で最も有名なお寺が飛鳥寺です。今でこそかなり小さい寺ですが、日本で初めての本格寺院であり、昔はかなり巨大だったと言われています。

飛鳥寺

飛鳥寺はかなり小さめの寺ですが、参拝客は絶えませんね。明日香村では最も人気なスポットの一つなんでしょう。一応、『村』なんですが、大和八木駅からかなり近い場所にあり、バスもそれなりに来るので、アクセスにはそこまで苦労しません。

 

飛鳥寺は歴史はとても古く、。蘇我馬子が仏教反対派の物部守屋との戦いにおいて、勝利を祈願して飛鳥寺(当時は法興寺と呼ばれていた)を創建、596年に飛鳥寺が完成したと言われています。この飛鳥寺こそ日本で初めて塔や金堂などをそろえた本格的な寺でした。今では金堂がお寺のメインでしたが、この時は塔がお寺の中心となる建物でした。

 

しかし、都が平城京に移ってからは元興寺となって奈良に移ると、飛鳥寺はあまり目立たない寺院となってしまったようです。鎌倉期には落雷で寺は焼失してしまいました。現在の建物は江戸時代に再見されたものが中心です。

飛鳥寺へ!!
小さいですが、美しいお寺です。

境内に残るのは1825年に再建された小さなお堂のみ。しかし、この小さなお堂の中には飛鳥大仏とよばれる2.75mの大仏が安置されており、609年に作られて以来ずっと同じ場所に安置されています。作ったのは鞍作鳥。他にも多くの仏像を手掛けた超有名な仏師です

飛鳥寺の本堂。建物も古いものではないようです。

 

ちなみに、創建当初のパーツもごく一部ながら残っています。飛鳥時代の仏像の特徴を残した優しいお顔の仏さまです。

 

蘇我馬子や聖徳太子もここに来て、この大仏を拝んだんでしょうあ。彼らは一体どんなお願いをしたんでしょうか。

 

本尊で釈迦如来坐像。写真を撮らせてくれるのはうれしい。完成は609年。

顔の一部や左耳、指などは創建当初のまま。もともとは金色に輝いていたようで、それも剥がれ落ちてしまっています。残念ながら修復が多いためか、国宝にはなっていないようです。

蘇我入鹿の首塚

さて、飛鳥寺に来たら忘れてはいけないのが大仏と境内を出てすぐ近くにある入鹿の首塚。

首塚。

聖徳太子と蘇我馬子は協力して廃仏派の物部守屋を倒しますが、それから蘇我家が台頭。蘇我入鹿・蝦夷親子は飛鳥の甘樫丘に大きな家を構え、天皇まで暗殺してしまうほど。結局見かねた中大兄皇子や中臣鎌足らによって殺されてしまいました。この首塚の前に広がる野原こそ、中大兄皇子と中臣鎌足が出会ったときに蹴鞠をしていた広場があった場所と伝えられています。

 

一説には殺害された飛鳥板蓋宮からここまで首が飛んできたとも伝えられています。

甘樫丘から飛鳥を見る
error: Content is protected !!