伊邪那美が眠る滋賀の神社: 多賀大社 - 関西バイリンガル冒険記
  • EnglishEnglish
  • 日本語日本語
  • 伊邪那美が眠る滋賀の神社: 多賀大社

    京都はもちろん日本の歴史が多くある場所として知られていますが、実は京都の隣の滋賀県も国宝や有名寺社が多く存在します。中でも滋賀県で最も有名な神社の1つとされる多賀大社も是非訪れておきたいスポットの1つです。

    多賀大社の歴史

    多賀大社は古事記にも『伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり』とあるように伊邪那岐が眠るところとして、広く信仰されてきました。ただし、これは古事記の写本の1つにあるものであり(古事記の現本は残っていません)、淡海が淡路となっている本もあることから、この淡海は淡路の間違いの可能性もあると指摘されている。まあ、多賀大社は有名だしそんなことはいいや!!

    歴史を通して、豊臣秀吉を始め、様々な有名人に参拝されたと伝えられる神社であり、特に江戸時代に伊勢参りが流行ったとき、伊邪那美が伊勢に祀られる天照大神の母親であることから注目され、民衆が伊勢とセットで参ることも多かったようです。

    多賀大社

    近江鉄道の多賀大社前駅を降りると大きな鳥居があります。道がわかりやすくていいですね!!

    large torii that over road leading to Taga Taisha

    entrance to Taga Taisha in Shiga
    入り口です。
    Taiko bridge of Taga Taisha
    太閤橋。豊臣秀吉が寄付した橋。秀吉は母の延命祈願を多賀大社で行い、無事延命されたので、たくさんのものを寄付しています。

    はいってすぐに目に入るのは、このしゃもじ型の絵馬でしょう。実はこれがしゃもじの形をしているのには理由があります。昔、元正天皇のが病気になったとき、多賀大社がしゃもじを献上し、それでご飯を食べるとい天皇はすぐに回復したのです。そのことより、多賀大社はお多賀杓子というしゃもじを絵馬にしています。

    speice rice paddle shaped ema of Taga Taisha

    さて、境内に入るとすぐに目の前に大きな拝殿が広がり、その奥に本殿があります。本殿に鎮座するのは伊邪那美と伊邪那岐です。

    main building of taga taisha in Shiga

    すごい複雑な屋根だ・・・

    なお、本殿の隣に、謎の石があるが、実はこの石はあの大仏殿を作った重源がこの多賀神社に参拝し、寿命を延ばすのにこの岩に祈願したら、20年寿命が延びたらしいです。ぜひ拝んでおきたいですね!!

    寿命岩

    なお、多賀大社の境内はかなり広く、全部で15もの末社があります。超有名というものはないかもしれませんが、静かな境内をゆっくり散歩してみるのもいいですね!!

    神社に鐘があるのは珍しいですね。1555年製のものです。

    そのほかのスポット

    糸切り餅

    多賀大社の名物というと、やはりこの糸切り餅でしょう。糸切り餅には普通赤と青の3線がはいっており、この線は鎌倉時代の13世紀に起きた蒙古襲来のモンゴル軍の旗を模していると言われています。

    locally famous itokiri mochi near Taga Taisha in Shiga

     

    それを糸で切ったのがこの糸切餅で、蒙古軍に対する勝利を神に感謝したのが始まりのようです。鳥居前や駅から続く道にいくつかの餅を売る店があるので、ぜひ買って食べてみるといいですよ!!上品な味です。

    多賀大社の基本情報

    住所
    滋賀県犬上郡多賀町多賀604

     

    行き方
    近江鉄道多賀大社前から徒歩15分。近江鉄道は1時間に2本程度の運行です

     

    拝観時間
    7:00~16:00

     

    拝観料
    無料

     

    そのほか
    1-2月限定で庭園が300円で拝観可能です。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です