舞鶴の松尾寺 【西国三十三箇所29番札所】

京都府の北部にある舞鶴。関西の中心部からかなり離れているこの町の青葉山のふもとに、西国33か所の1つである松尾寺があります。かなり小さなお寺ですが、実は馬頭観音という変わった観音像を本尊とするお寺で、多くの聖地巡礼者が訪れます。

松尾寺の歴史

松尾寺の歴史は708年、唐の僧である威光上人が中国の僧、馬耳山を想起し入山。その際に松の大木の下で馬頭観音を得て、お寺を作りました。10世紀ごろには一条天皇によって新しい馬頭観音が作られ、威光上人の馬頭観音はその新しい観音像の体内に収められているようです。ただし、残念ながら馬頭観音は非公開です。

伽藍は信長の軍により焼失してしまっており、現在は江戸時代のものです。

松尾寺まで歩く

大阪から福知山線、舞鶴線、小浜線と電車を乗り継いで5時間。ようやく松尾寺駅に着きました。ほとんど人は下りませんでした・・・。

さて、松尾寺まではここから歩いて4kmほどで、だいたい45分。ずっと車道なので歩きやすいですが、坂がきついです。車で来ると寺の門の近くまで行けるので、大半の人が車で来るんでしょうね。タクシーだと東舞鶴か駅から往復で6000円ぐらいでいけるようで、歩いていたらタクシーが何台も抜いていきました。松尾寺駅にはタクシーもなく、バスもないので注意が必要です

松尾寺駅
松尾寺駅は1922年のものです。
駅前にはなーんにもありません。
きれいだなぁ!!

松尾寺

さて、松尾寺、西国33の29番目の寺です。西国の寺ですが、かなり小さいほうのお寺です。観光地化もされていません。

松尾寺の入り口
松尾寺に着きました。

境内に入るとすぐに大きな本堂が見えます。ここの本堂は1730年のもので、冬は雪が多く積もるような場所で300年以上耐えてきたというのはすごいことですね。ただ、建て替えのための寄付を募っていたので、修築するんでしょうか。

松尾寺の本堂
本堂
大きな本堂です

この松尾寺の本尊は馬頭観音という非常に変わった観音様で、西国33箇所の中でも馬頭観音を祀るのはこの松尾寺のみです。頭に馬の頭を乗せており、馬が草を食べるように煩悩を食べてしまう観音なんですね。膝を立て座り、観音のような柔和な表情ではなく、どこか起こった表情をしています。残念ながら本尊は77年に一度の開帳で次は2085年の予定。普段は本尊そっくりのお前立ちが置かれていました。

立派な彫刻ですね。

境内はかなり小さいので、全部見ても15分もかからないです。何時間もかけてここまで来て、わずか30分ほどで帰ってしまうのもどこか残念ですが・・・。

松尾寺の境内
雪の季節にも来てみたいですね!!
馬頭観音だからなんでしょう。
このイチョウは大きいなぁ!!

なお、御朱印は本堂でなく、門の近くにある本坊のところでもらえます。

松尾寺の本坊
本坊

松尾寺の基本情報

住所

京都府舞鶴市松尾532

 

ウェブサイト

http://www.matsunoodera.com/

 

行き方

福知山線の福知山、または山陰本線の綾部から舞鶴線で東舞鶴へ。東舞鶴からは小浜線で1駅。小浜線は若狭湾を通って、敦賀にも行くので、時間に余裕があればそっちのルートで帰ってもいいのかも!

 

拝観時間

寺務所は

 

拝観料

無料

 

そのほか

冬は結構雪が積もっているかもしれません。

 

 

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!