青のシンフォニーに乗ってきました【近鉄】

最近、関西の多くの鉄道会社は観光用の電車や有料指定席などを導入しはじめましたね!中でも近鉄は吉野まで高級感満載で、お値段控えめの青のシンフォニーを運転しています。その青のシンフォニー、ずっと乗りたかったのですがとうとう乗ってきました!!

青のシンフォニーについて

青のシンフォニーは2016年9月から運転している観光鉄道です。阿倍野橋から吉野までの運転で、途中大和八木や飛鳥など複数の駅に停車します。1日に2往復運転していて、現時点では阿倍野橋発が10:10と14:10吉野発が12:34, 16:04発です。ただし、水曜日は運休しています。

阿部野橋駅は天王寺駅の前にあります。同じ場所なのに名前が違う・・・関西にはよくあることです。

料金は通常運賃に720円(特急料金510円+青のシンフォニー特別料金が210円)するだけで乗ることができます。(別途運賃、吉野までなら990円が必要です)時間は…実は急行に乗るのとあんまり変わりません。

阿部野橋駅
近鉄は特急の種類が多くていいですね!!

安価な値段で快適さもあるので、非常に人気の電車です。座席は全車指定で65席しかなく、休日にはすぐに満席になるので、確実に乗りたい場合は予約することをおすすめします。ただし、予約の際にはクレジットカード決済のみで、チケットは発行されません(乗車券のみを別途券売機で購入します)。また、近鉄の窓口や近くの旅行代理店でも予約購入が可能なようです。

当日でも空きがあれば乗車可能で、窓口で購入できます。吉野は桜のシーズン以外にはあまり人がいないので、オフシーズンの平日ならチケットを当日に購入することも可能なようです。

青のシンフォニー

私達は青のシンフォニーを吉野から阿部野橋まで乗りました。阿部野橋までわずか1時間半ほどの豪華な旅です。当日、吉野駅で発車時間ぎりぎりに窓口に行きましたが、空きがあったのがラッキーでした!!

吉野駅の青のシンフォニー
もともとは通勤電車だったんですよね!!すごい変わりようです。

発車10分前になると乗ることができます。やっぱりめちゃくちゃ豪華です。青のシンフォニーのこの薄暗さが高級感を演出していていいですねぇ!!シートはふかふかで、これはまさに関西ナンバーワンの快適さでしょう。JRのグリーン車も上回ります。残念ながら吉野から阿倍野橋までに絶景はないのですが、車内を楽しでいるとあっという間に到着します。 

青のシンフォニーの車内

この青の交響曲の2号車はサロンカーになっており、いろんな軽食や河内や吉野のお酒などが売っています!サロンカーで食べてもいいし、自分の席まで持ち帰ってもokなようです。

青のシンフォニーのサロンカー
サロンカー
ケーキとコーヒーを飲みました。

吉野からあっという間に到着です。もうちょっと乗りたいところですね!大満足の1時間半でした。吉野へはさくらライナーがこれまでの定番でしたが、青のシンフォニーもとてもお勧めです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。