箕面の滝【大阪の紅葉といえばここ!】

紅葉というと関西ではほとんどの人が京都に行きます。しかし大阪にも紅葉の名所があることを忘れてはいけません。もちろん、最も大阪の紅葉で有名な場所というと箕面の滝です。箕面は大阪でナンバーワンとも言われる紅葉スポットであり、休日はかなり混むものの、平日ならそれほど人はおらずなにより大阪市内からたった20分で行くことができます。

※紅葉のシーズンは毎年11月の下旬から12月の上旬です

箕面の滝

箕面の滝の最寄り駅は阪急の箕面駅。そこからお土産屋さんが並んだ参道を北へ向かいます。駅からは滝まで2.7kmの道で、およそ45分くらいかかりますがが、舗装されてゆるやかな坂になっているだけなので、誰でも簡単にアクセスすることができます。

Minoo Park in the autumn

滝までの道を歩いていると、小さなお寺、瀧安寺があります。寺伝では658年に立てられたと言われる古いお寺で、日本で初めて富くじが行われた寺でもあります。

瀧安寺

皆さん滝を目指しているので、あまりくる人はいませんが、この辺りの紅葉もとてもきれいですよ。

弁財天

瀧安寺をすぎると、もうすぐ箕面の滝です。

ここ最近は台風の影響で道が閉鎖されていましたが、2019年は無事通ることができました。大阪人として、箕面に行くことができないというのは何ともさみしいです。

Fall colors at Minoo Park in Osaka

さて紅葉を堪能しながら歩いていると、いつの間にか滝に到着します。

Minoo waterfall
箕面の滝です。

箕面の滝は天然の33mにもなる巨大な大滝で、天然の滝です。もちろん那智と比べるとその規模は小さいのですが、それでも迫力は十分ですね!なにより紅葉と滝のコントラストが本当にきれいです。滝の周りは平日でしたがそれなりに人はいました。滝の近くには食べ物屋さんもあるので、何か食べるものいいですし、滝の前のベンチでゆっくり座ってみるのもいいですよ!

Minoo waterfall

滝に着いたら周りを見回してください。特に木の上。何かいませんか?実は箕面は十年ほど前まで野生のニホンザルが多く出没することで非常に有名でした。しかし、人が餌を与えすぎたせいで、猿は人から食べ物を奪ったりするようになりました。

monkey in tree near minoo waterfall

今ではそのような餌やりも禁止され、猿は山に帰っていきました。それでも滝の周辺に猿は結構出没します。

そのほかのスポット

紅葉の天ぷら

箕面の滝と言えばやっぱりもみじの天ぷらですよね!この箕面では天ぷら用に育てられたもみじが天ぷらにされて売られています。

momiji tempura at minoo park in Osaka
Momiji tempura

実は滝道までに天ぷらを売るお店は10軒以上存在します。味はなんかもみじというよりはかりんとうのような味で、ほんのり甘いです。しかし、決して悪い味ではないし、滝までのいいスナックになるだろう。以下の箕面ビールとのつまみに食べるとgood!!

箕面ビール

大阪で一番有名なクラフトビールといえば、やはり箕面ビールですね! モミジエキスがはいっているのがなんともユニークです。

箕面ビール
このオレンジっぽい色はモミジエキスが入っているからでしょうか。

ゆず

箕面といえば紅葉、そして箕面ビールというのが多くの大阪人が箕面に抱くイメージですが、実は箕面で歴史的に有名なのはゆずです(だから箕面のキャラクターもゆずです!!)。実生栽培といって種から育てたゆずは香りがいいと評判です。残念ながらゆずはそれほど有名ではないので、滝道ではあまり売られていませんが、いくつかゆず関連の食べ物を売っているところもあるので、ぜひ食べてみてください!

ゆずコロッケ。
ゆずの饅頭です。とってもおいしかったです!!

箕面の滝のアクセス情報

住所
大阪府箕面市

 

行き方
阪急箕面線箕面駅から徒歩45分で滝につきます。箕面駅は梅田から阪急宝塚線に乗り、石橋阪大前駅で乗り換えとなります。

 

営業時間
ゲートがないので、閉まることはありません。

 

入園料
無料

 

そのほか
ここから勝尾寺も近いです。ただし、バスの本数が少ないです。

 

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!