天王寺動物園【大阪の動物園といえばここ!!】

大阪の子供にとっても大人にとっても大人気のスポットのうちの1つに天王寺動物園があります。1915年に日本で3番目の動物園としてオープンしてから、その人気は衰えることなく、現在では都会のど真ん中に約200種類の動物が展示されており、上野動物園に次いで大きな動物園です。

天王寺動物園

天王寺動物園が人気な理由はたくさんある。しかし、なんといっても安いのがうれしいですね。大人500円、子供は200円です。この入場料金ですべての施設に入場することができます。年間パスも最近になって作られたのですが、たったの2000円なんです。

Japanese cherry blossoms at Tennoji Zoo and Tsutenkaku in background
春の天王寺動物園。桜がきれいですね。

この天王寺動物園は「生態的展示」を特徴としており、実際にその動物が暮らしている環境を再現することで、その動物の実際の生活を見ることができるようになっています。

ram standing on top of rock like mass with cherry blossoms in background
やぎさん。
females lions grooming and a sleeping male in natural enclosure in Tennoji Zoo
オスライオンはいつも寝てばかり・・・。
Tiger in caged enclosure at Tennoji Zoo
虎!!
black bear in rocky enclosure at Tennoji Zoo
メガネグマです。日本のツキノワグマではないんですね。
Japanese wolf stretching on rock
おおかみ!!
Hippopotamus relaxing in pool at Tennoji Zoo
カバなんかも。
three emperor penguins sitting in their enclosure at Tennoji Zoo
ペンギンって別に寒くなくても大丈夫なんですね。

天王寺動物園に残念ながらパンダやヒグマなどはいませんが、面白い動物はいっぱいいますよ!!きりんのハルカスちゃんはハルカスから寄付されたんですって。

male and female giraffes grazing on trees at Tennoji Zoo Abeno Harukus in background
右はハルカスちゃんです。

豚まんやアイスキャンデーでおなじみの551から寄贈された白くまはゴーゴ君といっちゃんです。

Ii-chan the polar bear at Tennoji Zoo
これはいっちゃんかな。
wet polar bear with a fish in her mouth
魚も上手にとれます。
Tennoji Zoo Ii-chan the polar bear
ちょっとおちゃめ。

動物園といえば象やキリンといった大きな動物を思い浮かべますが、実は天王寺動物園で人気者の1人なのが、このニワトリ。実はただのニワトリではありません。本来は虎の餌として購入されるもなぜか生き残り、その後に訪れた幾多の困難も乗り越えた『奇跡のニワトリ』なのです。ちなみに、彼の名前はマサヒロです。

white farm chicken on a wooden bench in front of a bush
奇跡のニワトリ、マサヒロ。

たまに散歩しているので、隣に座って写真をとることができますよ。大きくて凛々しい鶏です。

天王寺動物園にはもちろん象も・・・いません!!最近亡くなりました。本当に残念ですが、最近までラニー博子という国内最長寿の像がいました。彼女は1970年の万博にあわせて来日し、47歳まで生きました。

bronze statue of elephant at Tennoji Zoo
ラニー博子・・・。さみしいですね。

そのほかのスポット

天王寺動物園には屋内の施設もいくつかあります。なお、これらの施設に別料金は必要ありません。シロクマの近くにあるのが鳥の楽園です。鳥が放し飼いにされており、近くでじっくり見ることができますよ!!

Large aviary at Tennoji Zoo
鳥の楽園。外の木に大きな鳥の巣があるので、鳥が脱走しているように見えました・・・。

ペッティングズーもあります。比較的小さな子が多い感じですが・・・。動物を近くで見ることができるのはやっぱりうれしいですね!!

people lined up at the entrance of the petting zoo in Tennoji Zoo
入口
long-eared goat on grassy lawn
むむむ。このやぎは賢そうだ。

夜行性の動物舎も。ここにはニュージーランドの国鳥のキーウィ―がいます。鳥なのに翼がないこの愛らしい鳥は、日本ではこの天王寺動物園でしか見ることができません。

entrance of nocturnal animal house in Tennoji Zoo
入り口が少し小さいのですが、中は大きいです!

爬虫類館のアイファーも!!

Tennoji zoo reptile house
アイファーはちょっと奥まったところにあります。

天王寺動物園のアクセス情報

住所
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 

 

サイト
http://www.tenzoo.jp/

 

行き方
天王寺公園からと新世界側からの入り口と2か所あります。天王寺公園からの入り口はJR天王寺駅の公園口降りてすぐです。

 

開園時間
9:30-17:00 (月曜休みです)

 

入園料
大人 500 yen
子供 200 yen

 

そのほか
 

 

 

コメントを残す

Your e-mail adress will not be published.
Links irrelevant to our website will be omitted.

error: Content is protected !!