高津宮【ミナミといえばこの神社】

高津宮は大阪の中心に位置し、大阪の歴史の中で最も重要な人物の一人である仁徳天皇を祀る神社です。仁徳天皇こそが大阪に都をおいたと言われている最初の天皇であり、大阪を始めに発展させた人物であると言われています。

仁徳天皇とは?

仁徳天皇は、509年から571年まで、政務を執った人物で、難波高津の宮に都を置きました。しかし、仁徳天皇に時代はかなり昔のことなので歴史書がほとんど残っておらず、見つかっていないことが多いのです。ただ、日本書紀によると、仁徳天皇は非常に徳の高い人物であり、高津の宮の高台にあがって、人々の家から全く煙が上がっていないことに気付き、人々が困窮していると思い、税を三年間免除したという逸話が残っています。もちろんこれで天皇は困窮してしまいますが、民が幸せならば、と仁徳天皇は気に留めなかったようです。人々は仁徳天皇に感謝が絶えず、仁徳天皇が崩御された後は堺にひときわ大きな古墳をつくりました。それが世界遺産にも選ばれた仁徳天皇陵(大仙古墳)であり、日本でもっとも大きい前方後円墳です。

仁徳天皇が浪速の街を眺める様子です。高津宮に奉納されています。上手ですね!!

やはりそういった愛されるべき仁徳天皇を死後ほっとくわけがありませんでした。仁徳天皇の死後、平安時代に入って仁徳天皇の高津の宮の特定作業が行われ、大阪城近く(現在の難波宮史跡公園付近)であると特定されました。そして、その場所に高津宮と呼ばれる神社が建てられました。が、秀吉が大阪城を建てる時にその場所は接収され、高津宮は現在の難波の地に移ったとされています。

black stone tablet of Osaka City song at Kouzu Shrine
大阪市歌。「高津の宮の昔より~」と始まります。

高津宮

高津宮は現在は難波からあるいてわずか20分ほどの場所にあります。周辺は生国魂神社はじめ、多くの寺社が立地するところで、歩いていると本当におもしろいですよ!

高津宮は桜の名所です。

 お花見している人もたくさんいますね。大阪では大半の人が大阪城に花見に行くのですが、ここでする花見も楽しそうですね!!

階段を上ると社殿が見えてきます。社殿は大阪の陣で消失。その後再建されますが、第二次世界大戦でも消失してしまいます。今の社殿が建てられたのは、1961年とごく新しいです。主祭神は仁徳天皇ですが、仁徳天皇の祖父である仲哀天皇やその妻神功皇后も祀られています。

高津宮は「高津の富」をはじめ、多くの古典落語の舞台となっています。そのため、境内にある富亭では落語の寄席が頻繁に行われています。やはり昔から人気の神社だったんでしょうね!

男女がそれぞれ左右の階段から別々に登り、うまく上で合流することができたら2人は結ばれると言われます。

そのほかのスポット

高倉稲荷神社

境内には 高倉稲荷神社 があります。この神社も落語「高倉稲荷」の舞台となった場所です。

高津公園

高津宮は桜だけではなくて、その周りが高津公園になっており、たくさんの梅が植えられています。これは王仁が仁徳天皇に対して難波津の詩を読んだからでしょう。難波津の詩とは『難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花』です。古今和歌集に載っており、もう大阪ではめちゃくちゃ有名な詩です。、ちなみに、ここでは「花」は梅を指します。

高津宮のアクセス情報

住所
大阪府大阪市中央区高津1-1-29

 

行き方
南海・大阪メトロ難波駅から徒歩20分。大阪メトロ堺筋線日本橋駅からは徒歩10分。

 

拝観時間
9:00-16:30

 

拝観料
無料

 

そのほか
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。